コツブイイダコ

コツブイイダコの生物写真

体長10センチ前後になる。傘幕左右ににリング状の紋が

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
動物界軟体動物門頭足綱八腕目無触毛亜目マダコ超科マダコ科マダコ属
外国名
Gold-ringed octopus
学名
Octopus membranaceus Quoy & Gaimard,1832
漢字・由来
漢字 小粒飯蛸
由来・語源 「飯」、すんわち卵粒がイイダコよりも小さいため。
地方名・市場名
商品名だろ思われるが「Baby octopus」。

概要 ▽

生息域

海水生。東南アジア。

生態

基本情報

主にタイから輸入されている。
市場ではタイ産イイダコは普通である。
また総菜でイイダコとあるものの多くが本種で作られてる。

水産基本情報

市場での評価 タイからの輸入。安い。
漁法
産地 タイ

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

解凍したものは傘幕にあるリングのくっきりしたもの。白っぽいものは古い。

味わい

旬は不明
滑りはあまり強くなく、わたと墨をとりだして使う。
軟らかく、うま味がある。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
煮る、ゆでる
煮る 甘辛く煮るのが基本。イイダコ同様にタコらしい弾力が楽しめ、美味。
ゆでる ゆでて酢のもの、そのままわさびじょうゆで食べてもいい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本のタコ学』(奥谷喬司 東海大学出版局 2013)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ