キアマダイ

キアマダイの生物写真

体長40センチ前後になる。側扁(左右に平たい)し、全体に赤く、背の部分が濃い。鰭(ひれ)、頭部が黄色い。目の後方に三角形の白い部分がない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属
外国名
Tilefish, Blanquillo
学名
Branchiostegus auratus (Kishinouye,1907 )
漢字・由来
漢字 黄尼鯛、黄甘鯛
由来・語源 アマダイで黄色いため。
甘鯛は肉に甘みがあるから。
この魚の横顔が頬被をした尼僧に似ているから。
地方名・市場名
アマダイ、アマミー、キアマ、キンアマ、キンクズナ、キンビタ、クシ、グジ、クツナ、ムラサキクズナ、ムラサキクツナ。

概要 ▽

生息域

海水魚。千葉〜紀伊水道・九州南岸の太平洋沿岸、若狭湾〜九州西岸の日本海・東シナ海。東シナ海大陸棚、朝鮮半島南岸、台湾、広東省、海南島。
水深30メートル〜300メートルの砂泥地。
アマダイ類ではもっとも深い場所に生息。

生態

基本情報

国内でとれるアマダイはアカアマダイを筆頭に、シロアマダイと本種で3種類。
なかでももっとも量的に少なく、値段的にも安いとされるのが本種。
うまいまずいのことよりも、あまりとれないので、食べたという人自体が少ない。

水産基本情報

市場での評価 関東の市場ではほとんど見かけないもの。値段は一定しないが、高い。
漁法 釣り、底曳網
主な産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

赤身、黄色みの鮮やかなもの。触って硬いもの。

味わい

旬は冬。秋から春にかけて味が安定している。
鱗は薄くやや大きい。皮はしっかりとして強い。
透明感のあるやや赤みがかった白身。あまり繊維を感じない上に水分が多いので鮮度が落ちると脆弱。
熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 焼く(若狭焼き、一塩)、潮汁、蒸す(酒蒸し、かぶら蒸し)、生食(皮霜造り、刺身)
生食 単に刺身にするにはよほど扱いがよく、鮮度もよくなければダメ。一般に昆布締め、皮霜造りなどにしてうまい。
キアマダイの若狭焼き振り塩をして半日から1日置き、表面に酒を塗りながら焼く「若狭焼き」がいちばんうまい。また一塩して1日以上置いて焼いてもいい。干してもうまい。
キアマダイの潮汁単に差し昆布をして水から煮出して酒、塩で味つけする。「潮汁」は実に味がいい。洋風な感じがするから不思議。
キアマダイの酒蒸し昆布をしき酒を振り蒸す「酒蒸し」、かぶらの衣をのせて蒸しあんをかける「かぶら蒸し」などにして美味。豪華な感じがする。
キアマダイの昆布締め一塩して昆布でしめたもの。単に刺身よりも、数段美味となる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

冬期に相模湾でマダイのコマセ釣りをしていると本種とアマダイが外道として釣れる。釣り人や船頭はアマダイと区別しない。また近年盛んなアマダイ釣りでももちろん混ざる。釣り方はコマセを使わない方天秤仕掛けの2本針、餌はオキアミ。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ