カマツカ

カマツカの生物写真

体長25センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科カマツカ属
外国名
英名/Pike gudgeon, River dodger
学名
Pseudogobio esocinus esocinus (Temminck & Schlegel,1846)
漢字・由来
漢字 鎌柄
由来・語源 琵琶湖周辺での呼び名。鎌の柄のように硬い。煮ると鎌の柄のように締まるため。
地方名・市場名
滋賀県高島市今津でカマツカ。
岡山県新見市哲西町でウシゴッポウ。[上田修二 2014/05/09]
徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)貞光川ではエッシュウ。
アカザラ、アブラハゼ、イセブチ、イワクジリ、ウジヨオ、ウマヅラ、エッシュウボ、オトコ、オコトウ、カジリ、カナキシ、カナクジ、カナクジリ、カナビシャ、カマジツカ、カマスカ、カマズカ、カマスツコ、カマツカドンコ、カマビシ、カマンギツ、カワキス、カワギス、カワキスゴ、カワサキ、カワハゼ、カワビシ、ガンギ、ガンハチ、キス、クジカナ、コオセンボオ、コトヒキ、ゴムツソオ、ゴロビシ、ザットノヘノコ、ジウトク、ジネホ、シネホオ、ジムグリ、ショウゼン、ジョオトク、ジンゾク、ズイゴ、ズイゴロウ、スイラク、ズゴウ、ズコオ、ズゴンボ、ズゴンボウ、スナカムリ、スナクグリ、スナグジ、スナクジリ、スナクライ、スナコズリ、スナサビ、スナスリ、スナセセリ、スナハミ、スナフキ、スナホオ、スナホリ、スナムグリ、スナメグリ、スナモグリ、スナモジリ、スナモチ、スモロ、ズンコ、セギンボ、ソウゲン、ソウゲンボー、ソウゲンポ、ダエンボ、ダギンボ、ダンギ、ダンギゾオ、ダンギボ、ダンギリド、ダンギリボ、ツカ、ツチムグリ、ツチモグリ、テンジンハエ、テンジンボオ、ドウジャコ、ゴオガンボ、ドーキンボー、ドオケン、ドオジャコ、ドオセン、ドオセンボオ、ドウモンボ、ドグチバイ、ドテクロ、ドンコ、ドンチ、ネオ、ネガマ、ネゴ、ネズカ、ネホ、ネホオ、バカ、バカゾオ、ヒガイ、ベバチゴイ、ホオセン、ホオセンボ、ユワクジリ、ヨシ、ローホーズ、ロホーズ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。岩手県、山形県以南の本州、四国、九州、長崎県壱岐。朝鮮半島、中国北部。
河川の上・中流域、湖の岸近く。砂地、砂礫底。

生態

浅い砂地などにいる。
砂によく潜る。
エサは水生昆虫。
砂地の斜面などにいて砂をほおばりエサをこしとって食べている。
産卵期は晩春から初夏。

基本情報

日本各地で食べられていた。
徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)でも味のいい魚とされていた。
琵琶湖周辺でも流通する食用湖魚のひとつ。
また福岡県筑後川などでも食べられている。

水産基本情報

市場での評価 琵琶湖周辺ではやや高値で取引されている。
漁法 刺し網
産地 滋賀県、福岡県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

できれば生きているもの。張りがあって斑紋体色などがあせて白くなっていないもの。

味わい

旬は春から初夏。
鱗は細かく硬い。
白身でクセがなく、熱を通すと締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 焼く(塩焼き、素焼き)、煮つけ(煮つけ、煮浸し)
焼く◆素焼きでしょうがしょうゆ、塩焼きにしてもよく締まった身で美味。初夏の真子の味もいい。
煮つけ◆さっとにて煮浸しておく。くせがなくよくしまっていてうまい。
洗い◆生きているものを薄切りにして地下水(井戸水)で洗う。
湯引き◆皮つきのまま熱湯をかけて、冷水に落とす。
カマツカの塩焼き塩焼き。さっぱりとして皮の風味がよい。
素焼きにして煮浸しに。

好んで食べる地域・名物料理

琵琶湖周辺。
福岡県、大分県の筑後川周辺。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ