エゾアワビ

エゾアワビの生物写真

殻長15センチ前後になる。長楕円形で表面はややごつごつと粗い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門腹足綱前鰓亜綱古腹足目ミミガイ科
外国名
英名/Ezo-abalone,Ezo-earsshell
学名
Haliotis (Nordotis) discus hannai Ino,1952
漢字・由来
漢字 蝦夷鮑
由来・語源 北方系、蝦夷(北海道)に多いアワビの意味。
アワビの語源にはいろいろ説がある。
■ 「あわぬみ(不合肉)」の意味で貝殻と身が合わないため。
■ 「あはすみ(合肉)」の意味で貝殻と身がぴたりと合うので。
■ 「あひ(合間)」の転化したもの。
■ 「あは(合)で「ひかる(ひかる)」の意味でふたがないことをいう。
■ 「あは(合)で「ひらく(開)」の意味でふたがないことをいう。
■ 「いはふ(岩触)」の転化。
■ 「いははひみ(岩這身)」で岩をはっているの意味。
地方名・市場名
市場では単にアワビ。
アイヌ語でアイベ。
岩手県で内臓、内臓の塩辛をトシロ。

概要 ▽

生息域

茨城県以北本州太平洋側、北海道日本海側、津軽海峡。沿海州、朝鮮半島、河北省。北海道噴火湾など日本各地に移植。
水深10メートルよりも浅場に生息。

生態

産卵期は8月〜11月。
トロコフォア幼生としてなって泳ぎだし、その後、巻き貝型のベリジャー幼生になる。
その後、着床し幼貝になる。
エサはワカメやアラメ。

基本情報

クロアワビの北方系亜種である。
本来は寒冷地だけにいたものが増殖や移植によって各地で見られる。
近年、各地、海外ではハワイ、韓国などでエゾアワビの養殖も盛ん。
流通の場ではクロアワビよりも多くなっている。
ただし養殖物で小さなものが多いと言っても値段は高く、やはり一般的な水産物とは言い難い。

水産基本情報

市場での評価 国産のアワビ類ではもっとも入荷量が多い。値段は超高値安定だが、クロアワビよりも安い。
漁法 養殖、見突き漁
産地 北海道、岩手県ほか

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。身がふっくらしているもので、触ってよく反応するもの。

味わい

旬は春〜初夏
ほどよい磯の香りがあり、食感が強い。
旨みが非常に強い。
非常に希だが、アワビのツノワタには光に過敏に反応する毒性分があり、春先に食べると皮膚のただれやかゆみが起こるとされる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身(水貝)、吸い物、酒蒸し(ワイン蒸し)、ステーキ
単に刺身にして美味。
中腸腺(肝臓だと思われている。つのわた)はゆでて食べて美味。
単に刺身にしてもうまいが、冷たい昆布だしに入れて水貝にしてもうまい。
岩手県の郷土料理にウニと一緒にお吸い物に入れる、「いちご煮」がある。
ウニとアワビの旨みが吸い物に出て、しかも食感がよくて非常にうまい。
他には酒蒸し、もしくはワインで蒸してもうまい。
あれこれ下ごしらえ、料理するのが面倒なら、単にバターなどでステーキにしてもうまい。
非常にバターと相性がいい。
水貝
水貝

いちご煮いちご煮
ウニと一緒にお吸い物にした「いちご煮」

好んで食べる地域・名物料理

としろの刺身 岩手県三陸地方では刺身で食べられている。スーパーなどでも見かけるほど一般的。

加工品・名産品

としろとしろ
岩手県で作られる。としろ(肝膵臓)の塩辛。
エゾアワビの煮貝煮貝 山梨県甲府市などで作られている。古くは甲斐は山国で海産物を駿河(静岡県)に頼っていた。駿河の海産物を山越えで運ぶとき、塩漬けやしょうゆ漬け、干ものであったが、アワビはしょうゆにつけて馬の背にのせて運ばれる。この運ばれる間にしょうゆの味と馬の体温で味のよい煮貝が出来上がった。市内にある煮貝の老舗「みな与」の歴史には400年前となっているのだが、これでは年代が曖昧である。江戸期初期もしくは織豊時代ということだろうか。アワビはメガイアワビ、クロアワビ、マダカアワビが原材料である。写真の原料はハワイで養殖されたもの。醤油でじっくり煮込んでいる。
肝煮 韓国産エゾアワビの肝を煮たもの。ワインを使っている。『信玄食品(山梨県甲州市塩山)』

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ