イラ

イラの生物写真

40センチ前後になる。側扁(左右に平たい)し、頭部が極端に短く上下に長い。背中から鰓にかけて斜めに褐色と白の縞模様がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科イラ属
外国名
Wrasse, Tuskfish
学名
Choerodon azurio (Jordan and Snyder)
漢字・由来
漢字 苛、苛魚、伊良。
由来・語源 和歌山県田辺、串本での呼び名。
つかまえようとすると逆にかみつきにくる。そのために「苛々する魚(いらいらするさかな)」の意味。
地方名・市場名
イダイ/和歌山県串本町
イヌノハ/鹿児島県
ケサ(袈裟)/静岡県沼津
ゴンタ/徳島県阿南市椿泊(椿泊漁業協同組合)
タツ/愛知県一色
テスコベ/三重県尾鷲
テス/三重県志摩市和具、徳島県阿南市椿泊(椿泊漁業協同組合)
テスノゲ(てすの下)/ブダイはテスノジョウ(てすの上)。徳島県阿南市椿泊(椿泊漁業協同組合)
ハト/福岡県
バンド(band)/愛媛県愛南町
ブダイ/静岡県沼津市。最近、市場でもスーパーでもブダイと書かれて入荷するのをみている。また沼津魚の達人で仲買をしている菊地利雄さんによると近年沼津でもブダイと呼ぶことがあるという。これなどは形態からブダイと混同しているのかもしれない。
モブシ/和歌山県雑賀崎
アマ、アマダイ、イザ、イソアマダイ、イダ、オキノアマダイ、カンダイ、カンノダイ、クジ、コス、コンス、ナベ、ナベワリ、ハトノメ、ホテイ、モクズ、モムシ。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅い岩礁域。
新潟県・千葉県館山〜九州南岸の日本海・東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海、奄美大島。
朝鮮半島南岸、鬱陵島、済州島、台湾、福建省、中国南シナ海沿岸。

生態

基本情報

入荷量が少なく、一般的な小売り店ではまず見かけない。
大型で身に厚みがあるものの、知名度は低い。
寒い時期、味がよくなるもので関東でも伊豆半島などではさかんに食べられている。

水産基本情報

市場での評価 入荷量は少ない。ベラ類はおしなべて安いが、本種は大型なのでやや高値。
漁法 釣り、定置網
産地 和歌山県、徳島県、大分県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

体色の強いもの。赤味の強いもの。触って張りがあり、目が澄んでいるもの。

味わい

旬は晩秋から初夏。
鱗は柔らかく大きい。皮はしっかりしているが、柔らかい。
白身でまったくクセがない。柔らかくつぶれやすい身だが、熱を通すと締まる。ほどよく繊維質で口に入れると適度にほぐれる。
いいだしが出る。
夏期など臭みのあるものがあるので要注意。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(鍋、潮汁、みそ汁、ブイヤベース)、ソテー(バター焼き、ポワレなど)、煮つけ、刺身、焼く(素焼き、酒焼きなど)、唐揚げ
イラの汁「みそ汁」。いいだしが出るので、あらなどを昆布だしで煮てみそを溶くだけでうまい「みそ汁」になる。
イラのちり鍋「ちり鍋」。適宜に切り、塩でしめてから湯通し、これを冷水に取り鱗などを取り、鍋材料にする。昆布とあらでだしを取るといい。味つけは塩と酒のみ。
イラの煮つけ「煮つけ」。三重県尾鷲市では煮つけをするときに梅干しと一緒に煮る。生臭みがとれて、とても味がいい。
イラの刺身(焼霜造り)「焼霜造り」。イラのうまさは皮にある。この皮をあぶって刺身に切る。甘味があってとてもうまい。皮霜造りにしてもうまい。
「みりん焼き」。振り塩をして半日以上寝かせて、みりんをつけながら焼き上げたもの。酒を使っても美味。
イラのポワレ「ポワレ」。皮が厚く、その皮にうま味があるのでムニエルよりもポワレに向いている。皮は実に香ばしく身がしっとりとしている。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

磯釣り、イシダイ釣りなどの外道。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ