ベラ

一般的に「ベラ」と呼ばれる種についてのまとめページです。

ベラについて

ベラについて 漢字「倍良」はあくまでも当て字である。本当は「平」で靴べらなどに似た形をいうわけなので、主にキュウセン属とかニシキベラ属などをさした言葉だろう。東日本ではあまり食べない、この靴べら型のベラ科の魚を西日本ではよく食べられている。
 これが日本の魚類学の発展とともにベラ科がもっとも繁栄している熱帯・亜熱帯域の魚まで含まれるようになるとこの「細長くて左右に平たい」以外のベラ科の魚が増えてくる。イラ属、モチノウオ属などは細長いベラよりも高額であるし、料理の幅も広い。その上、本来のベラが小魚なのに対して1mを超えるものまで登場してくる。

「ベラ」と呼ばれるもの一覧

印は「ベラ」ですがそれ以外はベラの仲間ではありません。

戻る

ページトップへ