イズカサゴ

イズカサゴの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
45cmほどになる。全体に赤く、濃く赤い斑文がある。涙骨の下縁(上唇の直ぐ上)にある刺が3本。胸ビレ下(腋)に皮弁(皮膚が旗状になったもの)がある体側や鰭に褐色(赤みがかった)の斑紋が散らばっている。胸鰭つけ根の後ろに皮弁がある。

イズカサゴの形態写真

45cmほどになる。全体に赤く、濃く赤い斑文がある。涙骨の下縁(上唇の直ぐ上)にある刺が3本。胸ビレ下(腋)に皮弁(皮膚が旗状になったもの)がある

魚貝の物知り度 ★★★
知っていたら通人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科フサカサゴ属
外国名
Scorpionfish
学名
Scorpaena neglecta Temminck and Schlegel,1843
漢字・由来
漢字 伊豆笠子、伊豆瘡魚
由来・語源 相模湾では伊豆半島近くに多いことからだと思われる。
地方名・市場名
山形県酒田市由良漁港ではハツメ。
相模湾ではオニカサゴ。
山口県下関市ではオニカラコ。
アカオコゼ、オコゼ、カサゴ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深70〜300メートル。
千葉県〜九州南岸の太平洋沿岸、山形県〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、少ないが青森県、茨城県。東シナ海大陸棚縁辺域、朝鮮半島南岸、済州島、台湾、山東省、東シナ海中国大陸沿岸北部。

生態

基本情報

底曳き網、釣りもの、野締め、活け締め、活魚など入荷状態はいろいろ。
カサゴ類のなかでも高級なもので、関東では高級。

水産基本情報

市場での評価 比較的入荷量の多いカサゴ。やや高値。活魚は非常に高い。
漁法 底曳き網、釣り
産地 山口県、長崎県、神奈川県、千葉県、長崎県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

目が澄んでいて触って張りのあるもの。赤身の強いもの(退色していないもの)。大きなものの方が味がいい。

味わい

旬は秋から冬。
書簡のよさや透明感は長く保たない。
鱗は小さく取りやすい。皮は厚みがあり強い。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で熱を通しても硬く締まらない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 汁(みそ汁、潮汁、ちり鍋、ブイヤベース)、生食(刺身、湯引き)、蒸す(酒蒸し、チンジョン)、煮る(煮つけ、さわ煮)、焼く(干もの、塩焼き)
蒸す 中華風に清蒸(チンジョン)にするのが最上かもしれない。酒蒸しもいい。淡泊な味わいの中に脂が浮き上がり、味の存在感を強く感じる。清蒸なら魚醤や中国醤油などをかけ回す。酒蒸しはポン酢だろうか? 要するに何をつけて食べてもいい。
イズカサゴのちり鍋 液体の中で熱を通すことで、いいだしが出て、しかも身が締まり、皮がゼラチン質になる。塩味、みそ味、醤油味などどのようにしても美味。ちり鍋にすると豪華なものとなる。ブイヤベースに利用してもいい。
イズカサゴの煮つけ煮つけ 肝の味は素晴らしいの一語に尽きる。その上、魚そのものの味わいがあるので、比較的薄味で煮つけると持ち味が生きる。だが、実は濃い味つけをしてもよい。ショウガや山椒は出合いのものだが、控えめでいい。ゼラチン質の皮と白身を口に入れた途端、うまさにビックリするはず。
イズカサゴの潮汁あら汁 あらを水で煮だして(昆布だしを使った方がより味がいい)、酒、塩で味つけしたもの。実にうま味の強い汁になり、また骨まわりの身がとてもうまい。
イズカサゴの刺身刺身 生の状態でも決してまずいわけではない。ほどよい旨みがあり。鮮度がよく、例えば活け締めなら食感も非常に強く、フグのような造りにしてもよい。ただ、一般的には皮を引かず、焼き霜造り、皮霜造りにすべき。肝や胃袋なども添えるといい。
イズカサゴの湯引き湯引きポン酢かけ 皮月のままそぎ切りにして、塩味の湯に透したもの。氷水でしめて手早く水分を取るのがコツ。橙酢が合う。
イズカサゴの塩焼き塩焼き 塩焼きもカサゴ類では一頭抜きいん出ている。ただし、皮の風味は楽しめるが、ゼラチン質の粘質の旨さはそがれる。食べた後には必ず骨湯にすべき。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

開き干し 30㎝近い個体の開き干し、身がふっくらして箸でほぐれるその感触が心地よい。非常に美味。長崎県産
イズカサゴの開き干し 塩味だけの開き干し。脂があるのか表面が揚げたように香ばしく焼き上がる。皮も身も総て美味。長崎県産

釣り情報

100メートルから160メートルの中深場釣りでの釣り対象魚。一般には天秤仕掛けでサバ切り身、カツオ、イカ餌で釣る。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ