新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ココノホシギンザメ」はこちら >>
頭部がとても大きい。体色は黒か薄い茶色。体側に9つ、もしくは10個の白い斑紋がある。背鰭は2つある。背鰭の全部に強く鋭い棘がある。口は頭の下にある。
●北海道室蘭産。タラ刺し網にかかる。宮森水産伊藤さんから。宮森水産には感謝いたします。
ギンザメ目(Chimaeriformes)について◆
サメ、エイの仲間とともに軟骨魚類という。骨は柔らかく、透明感がある。
3科(ギンザメ科、ゾウギンザメ科、テングギンザメ科)6属31種。
ギンザメ科(Chimaeridae)について◆
大西洋、太平洋、インド洋に21種。
軟骨魚綱全頭亜綱ギンザメ目ギンザメ科アカギンザメ属
ココノホシギンザメ
学名◆Hydrolagus barbouri (Garman)
ギンザメ目にはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人
食べ方◆フライ/ムニエル/煮つけ/昆布締め/唐揚げ
○美味
大きさ◆全長80センチほどになる。
生息域◆北海道から銚子までの太平洋側。
生態◆
卵生。
水深200メートルから1100メートルの海底に生息。
市場での評価・取り扱われ方◆
■調べているところ。
ココノホシギンザメの基本◆
■棘に刺されると長く痛むという話がある。
■骨が柔らかい。軟骨(柔らかい骨)。
漁獲方法◆タラ刺し網
漢字◆「九星銀鮫」。
由来◆体側の白い斑紋から。
呼び名・方言◆■「ウサギザメ」。
◆食べてみる◆
 水分の多い身で、コンニャクを思わせる。フライやムニエルにすると上品な白身で美味。
 煮つけにして、肝、卵が非常にうまい。
 唐揚げにしてもいい。
 単純に生はまずいが昆布締めにすると美味。
同定/『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
■市場魚貝類図鑑データベースから 
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ