新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「エゾヌノメアサリ」はこちら >>
形態◆円形に近く、表面がザラザラして、貝殻が厚い。
マルスダレガイ科(Veneridae)について◆
国内には76種前後。
食用となる貝は多い。代表的なものはアサリ、ハマグリ、スダレガイ、コタマガイ、ウチムラサキなど。
軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ目
マルスダレガイ科Callithaca属
エゾヌノメアサリ
Callithaca adamsi (Reeve,1863)
他のマルスダレガイ科へはここから!
魚貝の物知り度/★ 知っていたら学者級
食べ方◆みそ汁/ゆで貝/焼く
○美味
大きさ◆殻長10センチ前後になる
生息域◆日本海、鹿島灘からサハリン。
生態◆潮間帯から水深20メートルの砂泥地。
市場での評価・取り扱われ方◆
■ビノスガイに混ざって入荷することが多い。単独での入荷は見ていない。値段は安い。
エゾヌノメアサリの基本◆
■調べているところ。
漁獲方法◆底曳網(貝ケタ網)
漢字◆「蝦夷布目浅蜊」
由来◆貝殻が布目状になっている北方系のアサリの意味。
呼び名・方言◆調べているところ。
◆食べてみる◆
 旨味が薄く、熱を通すと硬くなる。
 ウチムラサキ(オオアサリ)のように焼くと美味。
 剥いてゆでて酢の物などになる。
 酒蒸しにもあるが硬くなる。
 みそ汁は剥いて、刻んで入れる。美味。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
●北海道産
同定/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
■市場魚貝類図鑑データベースから
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ