新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ケンサキイカ/ブドウイカ」はこちら >>
ヤリイカと比べるとややずんぐりしている
軟体動物門頭足綱ツツイカ目閉眼亜目
ヤリイカ(ジンドウイカ)科ヤリイカ属
ケンサキイカ
Loligo (Photololigo) edulis Hoyle,1885
他のツツイカへはここから!
魚貝の物知り度/★★★ 知っていたら通人級
食べ方◆刺身/煮物/焼き物/天ぷら/干物
◎非常に美味
大きさ◆外套長(胴の長さ)40センチ前後になる
生息域◆本州中部以南、東・南シナ海からインドネシア。
生態◆
雄の方が雌よりも大きい。
小魚などをとらえて食べる肉食性。
水深20メートルから40メートルくらいの内湾で春から夏に産卵する。
秋には水深60メートルから100メートルくらいの深場に移動する。
市場での評価・取り扱われ方◆関東では一年を通して入荷してくる。春から夏。とくに夏に多い。値段は高値安定。けっして安くならない。
秋から冬にかけてのブドウイカと市場ではあまり区別しない。
ケンサキイカの基本◆
■アオリイカ、ヤリイカとともに高級ツツイカ3種としたい。
「一番するめ(五島するめ)」の原料。
漁獲方法◆釣り/底曳網
漢字◆「剣先烏賊」。
由来◆剣の先のように尖ったイカ。
呼び名・方言◆
■関東の市場では「アカイカ(赤いか)」。
島根県「シロイカ(白いか)」
島根県東部、山口県で「マイカ(真いか)」。
釣り◆
イカツノを使い浅場で釣る。関東ではこれを「アカイカ釣り」という。
◆食べてみる◆
 ヤリイカがさっぱりとクリアな味としたら、こちらは甘く濃厚である。
 アミノ酸、旨味成分はイカのなかでアオリイカに次いで多い。
 刺身は甘味が強くてうまい。
 焼いても甘味はのこり柔らかい、干物も同様に味がいい。
 煮つけ、天ぷらなどいろいろ利用できる。
寿司に関しては寿司図鑑へ!
参考/『イカはしゃべるし、空も飛ぶ』(奥谷喬司 講談社)、『島根のさかな』(島根県水産試験場 山陰中央新報社)
同定/『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)
■私見
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する



関連コンテンツ