新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「カメノテ」はこちら >>
甲殻上綱顎脚フジツボ亜綱完胸目ミョウガガイ科 カメノテ Pollicipes mitella
他の蔓脚亜綱へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
物知り度/★★★
■市場には少ないが入荷する。珍しいものではないが値段は高い
●漢字「亀の手」
●スペイン語で「ペルセベス」
みそ汁/塩ゆで(酒蒸し)
 本州以南に棲息。
 海辺に行くと本種を見つけるのはいとも簡単である。港や磯、テトラポットの間など至る所に固着する。
 一般に市場に流通し始めたのは比較的近年のこと、以前は手軽な磯の味わいとして土地土地で楽しまれたもの。最近では関東にもときどき入荷してくる。高値ではあるが珍しくはない。
 愛媛県など西日本で塩ゆでにして食べる。これはカメノテを珍重するスペインでも同様であるようだ。
■貝のように見えるが甲殻類、みそ汁はエビと貝の両方の味がするから不思議。なにしろ汁は絶品。また塩ゆでや酒蒸しにもなる。布目状の見える袋のなかに身とじゃりっとした食感の脚があってこれをしごき取るようにして食べる。
海辺でカメノテを見つけるのはいとも簡単。このように岩と岩のすき間やくぼみに寄り添うようにくっついている。ただ気になるのは外房や伊豆など人の行きやすい場所でとて小さなものが多く、また数も少ない
今や東京都築地中央市場ではない日はない、というほどにありふれたカメノテ。九州、四国などから入荷してくる


関連コンテンツ