新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「アオウオ」はこちら >>
硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科ソウギョ亜科アオウオ属 
アオウオ
Mylopharyngodon piceus (Richardson)
他のコイ目の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
魚貝の物知り度/★★
市場での評価・話題◆霞ヶ浦周辺では食べられているが商品価値はない
生息域◆アジア大陸揚子江以南平野部に棲息。中国原産で特産魚。
国内では利根川、霞ヶ浦、北浦
大きさ◆体長1メートルを超える
中国語◆中国で「青魚(ちんゆい)」、「鯖魚」。
漢字◆
「青魚」
由来◆中国での「青魚」を日本語的に発音したもの。
呼び名・方言◆
「ちんひー」「黒鯉(くろごい)」。(参考/『日本の淡水魚』山渓カラー名鑑)
食べ方◆ 洗い/オイル焼き(ムニエル)/みそ汁
中華料理 煮込み/蒸しもの/中華あんかけ
利用法◆揚今のところ食用よりもフィッシュミールにして飼料や肥料になっている。

 6月から7月頃、利根川などの下流域で産卵。主にタニシなどを食べて成長する。
 中国では古くからの養殖魚。「「リンユイ(れんぎょ)」であるハクレン、コクレン、そしてアオウオ、ソウギョを“四大家魚”として食用魚として重要。コイ類の王者ともみなされている。
 
1943年にソウギョに混じり利根川に放流してから定着。
◆食べてみる◆
 洗いはとても美味。ハクレンと食べ比べてみたが、本種の方が旨味が強い。他にはオイル焼き、ムニエル。
 中国では中華煮込みや蒸しものなどに利用される。
●茨城県稲敷市桜川村古渡 川岸屋 諸岡清志さん
●料理/諸岡初江さん
●中国でのことなどは内山書店(東京都千代田区神田神保町1の15)にお世話になりました。感謝いたします
参考文献/『山渓カラー名鑑 日本の淡水魚』(山と渓谷社) 『魚紳士録』(木村重 緑書房)
●食用とする場合は自己責任で
身はやや黄色みがかる。クセが無く旨味が強く、この洗いは非常に美味。やや時間がたって臭みが気になったら辛子酢みそで食べる



関連コンテンツ