新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「トビハタ」はこちら >>

顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目ハタ科ハタ亜科ハタ族トビハタ属

トビハタ(tobihata)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

トビハタ

学名 Triso dermopterus (Temminck and Schlegel,1842)
外国名 英名/Melon-seed grouper
同科同属 他のハタ科の魚へはここから!
漢字・由来 漢字/鳶羽太
由来・語源/田中茂穂の命名。体色が鳶色(とびいろ)であるから。「鳶色」とはタカ科トンビの羽の色あい。
代表的な呼び名
地方名・市場名 和歌山県田辺市でマスバカ。
高知県でマス。
形態 体長50センチ前後になる。鯛形で体高があり、側へん(左右に平たい)する。全体に焦げちゃ、もしくは黒っぽく、まったく斑がない。
生息域 海水魚。琉球列島をのぞく南日本、小笠原。インド・西部太平洋域、西オーストラリア。
岩礁域。
駿河湾、相模湾などでも見られる。
生態
基本情報

個体数が少ないのではないか?
沿岸の岩場などにいる魚ではあるが、めったに見かけない。
駿河湾などでも揚がるが非常に少ない。
紡錘形の多いハタ科では異色の姿をしているため、ハタという認識はあまりない。

水産基本情報 市場での評価/入荷量は非常に少ない。やや高値がつく。
漁法/定置網、釣り
産地/静岡県など
ノート
選び方 触って張りのあるもの。
味わい・栄養 ★★★★ 美味
旬は夏から冬(?)
鱗はやや硬く、取りにくい。包丁ですき引きする方がたやすい。
白身で非常に旨みがある。脂は身の中に混在。
胃袋、肝もうまい。
粗からは非常によいだしが出る。
切り身、下ろした状態の図鑑 切り身
寄生虫
すしネタ ●白身ネタ。生
すしネタとしては寿司図鑑へ!
調理法 刺身、汁、ソテー(バター焼き、ムニエル)、ゆびき
食べ方

刺身◆味わい深く血合いが美しい。外見から隔絶したうまさ。たぶん刺身を見ても種はわからないと思われる。

鍋材料 トビハタ

汁◆他のハタ類よりも皮は薄く、皮下の層は薄い。ただしあらや骨などからはいい出しが出る、身はほどよく繊維質で口に含むと心地よい。鍋材料としても優秀。

ムニエル

ソテー◆バターでこんがり焼く、オリーブオイルなどを使ってソテーしてもいい。小麦粉をつけても、つけなくでもいい。
ゆびき◆皮下のゼラチンが薄いのでマハタ属と比べると落ちるが、やはり味がいい。
好んで食べる地域  
加工品・名産品
釣り  
参考文献

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)




関連コンテンツ