新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ヤリマンボウ」はこちら >>
硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系
フグ目マンボウ科ヤリマンボウ属
ヤリマンボウ
Masturus lanceolatus (Linnaeus)
その他のマンボウ科の魚へはここから!
魚貝の物知り度/★★
市場での評価・取り扱われ方◆流通することはない
生息域◆世界中の温帯熱帯の海に棲息している。
生態◆大洋の表層に漂っている。
漁獲方法◆突き漁/定置網
大きさ◆全長3メートル、重さ1トンにもなる大型魚。
漢字◆「槍翻車魚」。
由来◆槍のように尾がとがったマンボウの意味。この尾が長く尖っているのは小型のものだけ。
呼び名・方言◆神奈川県真鶴では「銀翻車魚(ぎんまんぼう)」。
食べ方◆まだ食べていない。マンボウよりもまずいとされている

 マンボウと混同しやすい。見分け方は下記に。
 定置網などに入るがマンボウとは違ってあまり食用とはされない。また価値も低い。

◆食べてみる◆
 マンボウと比べるとまずいとされている。
●左は神奈川県三崎港。八王子総合卸売センター高野水産
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
マンボウ(左)とヤリマンボウ(右)の見分け方
マンボウ
尾ビレに見える舵ビレがまるく穏やかな円状

ヤリマンボウ
舵ビレの中央部が突き出している。またはやや突き出して見える。円状には見えない



関連コンテンツ