ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

ヤリマンボウ

学名:Masturus lanceolatus (Liénard)

ヤリマンボウの形態写真

全長3メートル前後になる。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★

    まずくはない
    分類
    硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系フグ目マンボウ科ヤリマンボウ属
    外国名
    学名
    Masturus lanceolatus (Liénard)
    漢字・由来
    漢字 槍翻車魚
    由来・語源 マンボウの仲間で尾鰭が小さい時に槍状に伸びるからではないか。
    地方名・市場名
    神奈川県真鶴町ではギンマンボウ(銀翻車魚)。
    生息域
    海水魚。本州日本海、宮城県以南の太平洋、伊豆諸島。世界中の温帯・熱帯域。
    生態
    基本情報
    定置網などで揚がるもの。
    マンボウ類は基本的に漁港周辺で解体されるので、本種がどれほど流通するのかわからない。
    関東の定置網にはときにまとまって入る。
    水産基本情報
    市場での評価 不明
    漁法 定置網
    産地
    選び方
    基本的に解体されて流通。触って張りのあるもの。水分が出ていないもの。
    味わい
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)
  • 主食材として「ヤリマンボウ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ