新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「カノコイセエビ」はこちら >>
第1触角(細く長い2本の触角、先で二股に分かれるので4本に見える)に7つの白い帯がある(ストライプ)。腹部節中央部には白い斑点がある
甲殻綱十脚目イセエビ下目イセエビ科イセエビ属
カノコイセエビ
Panulirus longipes (A.Milne Edwards,1868)
イセエビ科の他のエビにはここから!
魚貝の物知り度/★★ 知っていたら達人級
食べ方◆みそ汁/ゆでる/
焼く(グリル、ソテー)/刺身
伝統料理◆鬼がら焼き(つけ焼き)/具足煮(煮つけ)
◎非常に美味
市場での評価・取り扱われ方◆関東では少ないが珍しいというほどではない。沖縄などでは一般的なイセエビのひとつ。千葉県、神奈川県、鹿児島県などから入荷してくる。高級えび。
カノコイセエビの基本◆
■イセエビよりも南方系。南にいくほど本種が増える。
■イセエビよりも遙かに大型になる。(大型のイセエビを見たら本種であることを疑え)
■漁師の永野廣さんによると「どうもエビというのは海藻や板きれなんかのゴミが集まる場所に、また集まる習性があるようなんです。それで僕らゴミエビていうんですね」とのことだ。
生息域◆房総半島以南、小笠原、西大平洋に広く棲息する。
生態◆
浅い岩礁に棲む。
孵化したものがフィロゾーマ幼生期(プランクトン)生活を送り、プエルルス幼生となって着底する。
発音器を持っており、陸上にあげると「クク・クク」と音をたてる。
大きさ◆体長35センチを超える
漁獲方法◆刺し網
漢字◆「鹿子伊勢蝦」、「鹿子伊勢海老」。
由来◆鹿子(白い斑点)が腹部にも無数に散らばるため。
呼び名・方言◆高知県高知市では「ごみえび」。
釣り◆磯釣りなどの外道として釣れる。
◆食べてみる◆
 イセエビ同様に味はいい。
 いちばんうまいのはやはりみそ汁。とてもいい出しがでて、またカノコイセエビと味噌(みそ)のと相性もいい。
 また鬼がら焼きなど小細工をするくらいなら、単にゆでる。塩焼きにするのがいい。
 具足煮(につけ)は美味であるが、短時間に薄味に仕上げる方がうまいと思う。
 他には中華料理、フランス料理にも向いている。

寿司に関しては寿司図鑑へ!
参考/『原色日本大型甲殻類図鑑』(三宅貞祥 保育社)
がついたものは引用部、もしくは参考文献あり
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
●高知県手結産。高知市の永野廣さんから。「土佐の廣丸」


関連コンテンツ