新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「モギエビ」はこちら >>
根鰓亜目クルマエビ科アカエビ属 モギエビ Metapenaeopsis mogiensis(Rathbun,1902)
他のクルマエビ科のエビにはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
メス。クルマエビ科の特徴はメスが大きいこと
オス。額角もやや細長く別種に見える。全体の文様に共通性がある
魚貝の物知り度/★★
■和歌山など西日本に多いのではないか? 主に産地で干しエビなどに加工されている。鮮魚としても流通するが産地周辺に限られる。安い。
●漢字「茂木蝦」、「茂木海老」
かき揚げ/唐揚げ/エビちり
 駿河湾、三河湾、九州などに棲息。
 モギエビの「もぎ」は長崎県茂木町に由来する。
 愛知県一色町で「あかしゃえび」というのは何種類かのエビの総称であるが、本種もそのひとつ。当地では海老せんの材料になる。
■小エビとして味はよい。かき揚げ、海老チリなどに利用できる。
種の同定はとても困難であり、顕微鏡が内限り不可能に近い。

同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)


関連コンテンツ