ぼうずコンニャクの食べる魚貝類だけでなく多彩な生物の図鑑です。掲載種は2000種、食用の水産生物の一般的なものは総て網羅。検索法・食べ方を詳しく解説しています。

モギエビ

学名:Metapenaeopsis mogiensis(Rathbun,1902)

モギエビの形態写真

体長9センチ前後になる。キシエビに似ている。額角は短く、身体に顕著な斑文がない。

  • 魚貝の物知り度 食べ物としての重要度 味の評価度

    ★★★★★

    知っていたら学者級

    ★★

    地域的な水産物、嗜好品的なもの

    ★★★★

    非常に美味
    分類
    節足動物門甲殻上綱軟甲綱(エビ綱)真軟綱亜綱(エビ亜綱)エビ上目十脚目根鰓亜目クルマエビ科アカエビ属
    外国名
    学名
    Metapenaeopsis mogiensis(Rathbun,1902)
    漢字・由来
    漢字 茂木蝦、茂木海老。
    由来・語源 モギエビの「もぎ」は長崎県茂木町に由来する。
    地方名・市場名
    愛知県一色町で「あかしゃえび」というのは何種類かのエビの総称であるが、本種もそのひとつ。当地では海老せんの材料になる。
    生息域
    海水生。東京湾、三河湾、瀬戸内海、山陰、九州など。
    生態
    基本情報
    三河湾ではアカエビなどよりもや深い場所でとれる。
    アカエビ、シロエビなどとともにかき揚げ、えびせんなどの原料になる。
    水産基本情報
    市場での評価 ほとんど鮮魚としては出回らない。加工原料。
    漁法 底曳き網
    産地 愛知県など
    選び方
    白っぽいものは古い。
    味わい
    旬は不明。
    小エビであり、殻はやや硬め。
    栄養
    寄生虫
    食べ方・料理法・作り方
    調理法 素揚げ、かき揚げ、汁
    小さいので素揚げにするのがいちばん簡単。
    ていねいに剥いてかき揚げにしてもうまい。
    単に汁にいれてもいいだしが出る。
    好んで食べる地域・名物料理
    加工品・名産品
    釣り情報
    歴史・ことわざ・雑学など
    参考文献・協力
    同定者/駒井智幸(千葉県立中央博物館)
    『日本産エビ類の分類と生態 Ⅰ.根鰓亜目』(林健一 生物研究社)
  • 主食材として「モギエビ」を使用したレシピ一覧

関連コンテンツ