イシガニ 掲載種番号0023

 市場では見かけないイシガニを「東京のさかな」とするのにはわけがある。それは東京湾でもっともありふれたカニだからである。東京湾での「青がに」ガザミは大森、品川などで「カニ料理」を出す専門店もあったという。それからするとまったくの脇役的な存在である。今でも遊魚船ではタコの餌に使っていたり、また羽田あたりではとれるものと思われるが、ほとんど自家消費されているものと思われる。
 すなわち東京湾辺周辺での味覚であったもの。たぶん、東京湾がいまほど破壊されていないときには子供の遊び相手であったり、また手軽なおやつにもなっていた。

■市場魚貝類図鑑・イシガニのページに
東京のさかな目次へ
↑これは千葉県船橋。刺し網漁でとれたもの

●基本データ
東京での呼び名/イシガニ
全国/全国でとれるもの。東京ではあえて売り買いはしない
旬/不明
まだ市場などでは見ていない
安い/東京湾では安いのでタコ釣りの餌となる
一般的ではない


関連コンテンツ