新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ハプカ、ミナミオオスズキ」はこちら >>
スズキ目イボダイ亜目スズキ科  ハプカ、バス
スズキ科の他の魚へはここから!

魚貝類の物知り度
★これを知っていたら学者 ★★これを知っていたら達人 ★★★これを知っていたら通 ★★★★これは常識 ★★★★★これ知ってなきゃハジ
●本サイトの無断転載、使用を禁止する
ハプカ HAPUKU(スズキ科)
Polyprion oxygenelos
■輸入量は少なくない。鮮魚として来る模様
物知り度/★★
鍋/ムニエル/フライ
 ニュージーランド、オーストラリアから輸入される深海魚である。形態は上のアラに近くて「ミナミオオスズキ」と和名がつけられているが市場ではもっぱらニュージーランド名のハプカであるる。またアラに近い種類であることから築地場内でも「アラ」と表示されて売られているのを見たこともある。これはニュージーランド沖の漁場が開発されたときに何社かの水産会社が「あら」として漁獲、国内に持ち込んでいた名残りでもあるのであろうか? 今は非常に輸入量が多くて築地では必ず姿が見られる。
■流通での鮮度が悪いので、もっぱらフレンチのポワレ、ムニエル用に使われる。身質がよいので抜群の味である。

バス BASS(スズキ科)
Polyprion moeones
■鮮魚として輸入されてくる
物知り度/★★
鍋/ムニエル
 2002年9月6日、築地場内、「堺静」という店で見つけた。おろかなことに店の方に説明をうけたのに忘れてしまった。築地では他にも何店舗かで見かけたもので、近年ニュージーランドから輸入され始めたもの。



関連コンテンツ