ヤマトコブシカジカ

ヤマトコブシカジカの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長20cm前後になる。前鰓蓋骨第2棘の基底部分に棘がない。頭部が著しく隆起し後方に行くに従って細くなる。頭部は顆粒状(つぶつぶした)骨質の鱗に覆われない。頭部は顆粒状(つぶつぶした)骨質の鱗に覆われない。前鰓蓋骨第2棘の基底部分に棘がない。

ヤマトコブシカジカの形態写真

体長20cm前後になる。前鰓蓋骨第2棘の基底部分に棘がない。頭部が著しく隆起し後方に行くに従って細くなる。頭部は顆粒状(つぶつぶした)骨質の鱗に覆われない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目ウラナイカジカ科コブシカジカ属
外国名
Darkfin sculpin
学名
Malacocottus gibber Sakamoto, 1930
漢字・由来
漢字 大和拳鰍、大和拳杜父魚
由来・語源 不明。
地方名・市場名
ミズガンコ/新潟県糸魚川市能生

概要 ▽

生息域

海水魚。水深800-1000m。
北海道〜山口県の日本海沿岸、大和堆、青森県の太平洋沿岸、福島県、千葉県銚子。オホーツク海南部、朝鮮半島東部〜間宮海峡の日本海。

生態

基本情報

底曳き網、ベニズワイガニ漁やカゴ漁の混ざるもの。
コブシカジカと区別しないで非常に希に流通する。
基本的には雑魚。

水産基本情報

市場での評価 ほぼ流通しない。安い。
漁法 底曳き網、カゴ漁
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は秋から春。
鱗はほとんど気にならない。全身がゼラチン質に覆われて、骨は軟らかい。
身は著しく水っぽい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

汁(鍋、みそ汁)、唐揚げ

みそ汁 一般的な形の鱗がないので鰓と内臓を取り、ぶつ切りにして昆布だしで煮出す。みそを溶くと出来上がりだ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ