コブシカジカ

コブシカジカの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長20cm前後になる。頭部が著しく隆起し後方に行くに従って細くなる。頭部は顆粒状(つぶつぶした)骨質の鱗に覆われる。頭部は顆粒状(つぶつぶした)骨質の鱗に覆われる。

コブシカジカの形態写真

体長20cm前後になる。頭部が著しく隆起し後方に行くに従って細くなる。頭部は顆粒状(つぶつぶした)骨質の鱗に覆われる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目ウラナイカジカ科コブシカジカ属
外国名
Darkfin sculpin
学名
Malacocottus zonurus  Bean, 1890
漢字・由来
漢字 拳鰍、拳杜父魚
由来・語源 拳を思わせる形態のカジカの意味。
地方名・市場名
福島県相馬市原釜ではカジカ。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深27-2000m。
北海道オホーツク海沿岸、北海道〜鹿島灘の太平洋沿岸、若狭湾、島根県浜田沖。朝鮮半島東岸以北間宮海峡まで、オホーツク海・千島列島〜北米ワシントン州。

生態

基本情報

ほとんど流通しない。
産地などで消費される魚。
北日本に多いが、雑魚となることが多い。

水産基本情報

市場での評価 希に入荷してくる。値段は知名度がなく安い。
漁法 底曳き網
産地 福島県ほか

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

褐色が強く、触って張りのあるもの。

味わい

旬は秋から冬。
鱗はない。皮は比較的厚みがあり、強い。
透明感のある白身で非常に水分が多い。肝は美味。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

汁(鍋、みそ汁)、揚げる(唐揚げ)


鍋は絶品。ちりでもしょう油仕立てでも美味。
コブシカジカの唐揚げ唐揚げ
唐揚げは意外性のある味わい。表面はサクっとして、中はゼラチン質でジューシー。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産コブシカジカ属魚類の遺伝的集団構造と形態形質』(足立健郎・萩原聖士・伊藤正木・篠原現人・林 育夫・小島茂明)を参考にさせていただきました
『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ