モヨウフグ

モヨウフグの生物写真

体長80cm前後になる。腹部を除き胡麻状の褐色の斑紋が点在する。鰓の後方、肛門周辺などが黒い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系フグ目フグ亜目フグ科モヨウフグ属
外国名
英名/Spottedfin blaasop
学名
Arothron stellatus (Bloch and Schneider)
漢字・由来
漢字 模様河豚
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。相模湾などでとれるのは幼魚が多く、小型の良きにヒョウを思わせる模様があるため。
地方名・市場名
キタマクラ。

概要 ▽

生息域

海水魚。主に琉球列島。新潟県〜九州南岸の日本海・東シナ海、茨城県沿岸〜九州南岸の太平洋沿岸、八丈島、小笠原諸島。朝鮮半島南岸、済州島、中国南シナ海沿岸、台湾、インド〜太平洋。

生態

基本情報

非常に大形であるが、毒性など不明な点が多く、食用ではない。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

卵巣、肝臓などは有毒、筋肉、精巣は無毒との報告がある。
フグの調理は一般人は原則的に行なわないこと。調理するときには自己責任で

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/沼津魚市場 定置網 佐政水産 青木さんから
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ