ミノカサゴ

代表的な呼び名ヤマノカミ

ミノカサゴの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長25cm前後になる。胸鰭、背鰭、尻鰭などが非常に大きい。胸鰭はすべて分枝しない。胸鰭軟条の皮膜は先端にまで達する。第二背鰭、尾鰭、尻鰭の全体に斑紋はなく、頭部腹面に模様がない。胸鰭軟条の皮膜は先端にまで達する。頭部腹面に模様がない。第二背鰭、尾鰭、尻鰭の全体に斑紋はなく、一部のみにある。

ミノカサゴの形態写真

体長25cm前後になる。胸鰭、背鰭、尻鰭などが非常に大きい。胸鰭はすべて分枝しない。胸鰭軟条の皮膜は先端にまで達する。第二背鰭、尾鰭、尻鰭の全体に斑紋はなく、頭部腹面に模様がない。

魚貝の物知り度 ★★★
知っていたら通人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科ミノカサゴ亜科ミノカサゴ属
外国名
Butterfly fish, Lion fish
学名
Pterois lunulata Temminck and Schlegel
漢字・由来
漢字 蓑笠子
由来・語源 神奈川県三崎での呼び名。胸鰭、背鰭が蓑(みの)のように見えるから。
地方名・市場名
シダオコゼ/徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島。背鰭、胸鰭などがシダの葉に似ているから。
ヤマノカミ(山の神)という地域が多い。
三重県でマテ、マテシバシというのは「待て暫し」のことで、見つけてもすぐに触らないで、気をつけろ、という意味合い。
周防大島でのキヨモリ(清盛?)も深い意味を持っていそう。
アユ、オコゼ、カネウチボウ、キツ、キミオコゼ、コシュウ、コシヨウ、シロオカカザリ、ニコイオ、ハナオコゼ、ハネオコゼ、ヒョウタンイオ、ヒョウタンウオ、ミコウオ、ミノイオ、ミノウオ、ミノオコゼ、ムネイオ、ヤマノカミオコオシ、ヤマノカミオコジ、ヤマノカミオコゼ。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅い岩礁域。
北海道〜九州南岸の日本海・東シナ海沿岸、津軽海峡〜屋久島の太平洋沿岸、瀬戸内海。朝鮮半島南岸・東岸、済州島、台湾、海南島、ジャワ島、スラウェシ島、オーストラリア北岸、サモア諸島。

生態

基本情報

比較的暖かい地域で水揚げされている。あまりまとまってとれないので、時には雑魚としての扱いを受ける。
ほとんど流通にのることはなく、産地周辺で売り買いされることがほどんど。
背鰭に毒のある棘があるので、危険な魚で取り扱いが難しいのも難点。

水産基本情報

市場での評価 関東には希に入荷してくる。安い。
漁法 定置網
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

夏から秋
大きい方がおいしい。
背鰭、腹鰭、尻鰭の棘は鋭く毒があるために料理する前に切り取る。
鱗は取れやすく、弱い。皮は厚みがあり強い。骨はあまり硬くない。
白身で水分が多い。アラなどからいいだしが出る。
基本的に水分を抜くのが料理のコツ。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

焼く(塩焼き)、汁(みそ汁、潮汁、ちり)、煮る(煮つけ)、生食(刺身、セビチェ、焼霜造り)、ソテー(バター焼き)
ミノカサゴのみそ汁みそ汁 まずは鰭を切り落として水洗いする。これを刺身や塩焼きにすると頭部やあらがたっぷり出る。これを水(昆布だし)から煮てみそを溶く。とてもうま味豊かなだしが出てうまいみそ汁が出来上がる。
ミノカサゴの塩焼き塩焼き 丸ごと振り塩をして1時間以上寝かせて、じっくりと焼き上げたもの。やや水分が多いために硬く締まるが、皮目に独特の風味があり、いい味の塩焼きになる。柑橘類が合う。
ミノカサゴの刺身刺身 皮を引き単に刺身にしたものと、皮目をあぶり焼霜造りにしたものを盛り合わせた。皮を引くと上品ではあるがうま味に欠ける。皮目を生かした方がおいしいと思う。
ミノカサゴの丸揚げ唐揚げ 小振りなので水洗いして丸揚げにしてみた。背鰭以外はかりっと香ばしく揚がり、頭部なども丸ごと食べられる。小さなものは歩留まりが悪いのでこの揚げるという方法がいちばんだと思う。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/長尾桂一郎さん(徳島県海部郡海陽町宍喰・竹ヶ島)
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ