ミギガレイ

ミギガレイの生物写真

20センチを超える。楕円形で目が大きい。鱗(うろこ)はカレイ類にしては大きくはがれやすい。目の上に鱗がある。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜科カレイ科ミギガレイ属
外国名
英名/Rikuzen sole
学名
Dexistes rikuzenius Jordan and Starks
漢字・由来
漢字 右鰈(?)
由来・語源 不明
地方名・市場名
岩手県釜石市でダルマガレイ。
福島県相馬市原釜ではニクモチガレイ。
他ではオオメダマガレイ、ダルマガレイ、メダカガレイ、メダマガレイ。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道南部以南から朝鮮半島。水深100メートル〜200メートルの砂泥地に生息。

生態

産卵期は11月〜1月。
雌の方が大きくなる。

基本情報

スーパーなどには単にカレイとして並ぶ。
マコガレイやババガレイのように種名でおかれることはない。
一般にもプロにも認知度の低い魚。

水産基本情報

市場での評価 ミギガレイという種名で取引されることはまずない。雑多なカレイの一つ。流通量は少なくなく、もっと利用されていいもの。
漁法 底曳網
主な産地 福島県、宮城県、茨城県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもの。目が盛り上がり、澄んでいるもの。鰓が鮮紅色のもの。

味わい

クセのない白身で、皮にも臭いがない。
やや旨みが少なく、味わいに個性がない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法 フライ、ムニエル、干物(塩焼き)、煮つけ、刺身
ぬめりが少なく、扱いやすい。
よほど鮮度がよければ刺身にもなり美味。
ただそのようなものはほとんど見受けない。
一般的には五枚おろしにしてフライやムニエルにして美味。
クセのない白身なのでバターや油を使った料理に向いている。
他には干物にすると非常に美味。
塩と乾かすことで旨みが強くなる。
他には煮つけにもなる。

干物にするとなかなかうまい。お手軽な値段なので、鮮魚で買い求めたくさん作るといい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『原色魚類大図鑑』(安倍宗明 北隆館)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ