ホシカイワリ

ホシカイワリの生物写真

体長70センチ前後になる。側扁する。目の形で体側に褐色の小さな斑文が散らばる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ヨロイアジ属
外国名
英名/Gold spotted trevally, Brown spotted trevally
学名
Carangoides fulvoguttatus(Forsskail)
漢字・由来
漢字 星貝割
由来・語源 カイワリに似て星状の斑文がある。
地方名・市場名
ソージ

概要 ▽

生息域

海水魚。宮城県以南。インド・太平洋域。

生態

基本情報

九州南部以南ではときに見られるもの。
都市部ではまったく見られない。

水産基本情報

市場での評価 関東にはほとんど来ない。希。
漁法 定置網
主な産地 鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもの。黄金色の斑文のはっきりしているもので鰓が鮮紅色のもの。

味わい

旬は不明
シマアジに近い身質。
クセがなく旨みのあって上質。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

焼く(塩焼き)、煮る(煮つけ)、揚げる(唐揚げ)
ホシカイワリの刺身のサク
刺身のサク 血合いが美しく、上質な身。刺身にするととてもうまい。

好んで食べる地域・名物料理

関東の主に東京都。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ