ヒレナガカンパチ

ヒレナガカンパチの生物写真

体長1メートルを超える。側扁し、ブリ属としては体高がある。第二背鰭が著しく伸長する。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上目硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科ブリ属
外国名
英名/Almac jack
学名
Seriola rivoliana Valenciennes,1833
漢字・由来
漢字 鰭長間八
由来・語源 鰭(ひれ)の長いカンパチ。
地方名・市場名
徳島県海部郡海陽町『宍喰漁業協同組合』でシオ。
神津島からはイソカン(イソカンパチ 磯間八)。
沖縄本島、八重山ではウキムル、ウキムルー。
沖縄宮古ではヒラアカバー。
ノガンバ、バカネリ、バケンカンバ。

概要 ▽

生息域

海水魚。南日本。全世界の温帯・熱帯域。
やや沖合の深場。

生態

基本情報

小笠原、九州南部、沖縄などではカンパチよりも多いくらいだ。
カンパチカンパチ
ややほっそりしている。背ビレが長くない。尾ビレ下先が白い

水産基本情報

伊豆諸島、小笠原、鹿児島県、沖縄県などで水揚げされる。
カンパチよりも熱帯系で、味はやや淡泊。
沖縄ではカンパチよりも本種の方が多い。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。鰓が赤いもの。

味わい

旬は不明
鱗は細かく取りにくい。すき引きする方がいい。皮は厚め。
骨は比較的軟らかい。
ヒレナガカンパチの切り身ヒレナガカンパチの切り身
透明感のあるうま味のある白身で血合いも美しい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、煮つけ、焼く(塩焼き、幽庵焼きなど)、鍋(魚すき、しゃぶしゃぶ)
生食 ほどよい軟らかさなので刺身は厚めに切り、そのボリューミーな味を楽しみたい。カルパッチョや柑橘類を使ったセビチェにしても美味しい。
煮つけ 皮にも身にもうま味があり、繊維質の身は柔らかく崩れる。煮つけにして美味しい条件を総て備えているわけで、特に頭の煮つけは絶品。
焼く しょうゆなどのタレに漬けた幽庵焼き、みそ漬けにしても美味しい。頭部などは塩焼きがいい。
しょうゆ味で魚すきにして非常に美味。タマネギと合わせると、ほどよい甘さで美味。しゃぶしゃぶにしてポン酢もうまい。
ヒレナガカンパチの刺身ヒレナガカンパチの刺身
刺身はカンパチよりもさっぱりとしている。
ヒレナガカンパチの幽庵焼き(祐庵焼き)ヒレナガカンパチの幽庵焼き
幽庵焼き。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本の海水魚』(岡村収、尼岡邦夫編・監修 山と渓谷社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ