ヒゲダイ

ヒゲダイの生物写真

体長40cm前後になる。体高があり、下あごに房状のヒゲがある。このヒゲから往年の名優・左卜全を思い出すことしきり。「ドゥビドゥバー」なのだ。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★★
究極の美味
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イサキ科ヒゲダイ属
外国名
英名/Breard grunt
学名
Hopalogenys sennin Iwatsuki and Nakabo, 2005
漢字・由来
漢字 鬚鯛
由来・語源 下あごに鬚(ひげ)が生えているから。
ヒゲダイは東京、神奈川での呼び名。
ヒゲダイの鬚この魚の標準和名由来は考えることもない。単純にあごに肉質な髭(ひげ)が生えているから。近縁のヒゲソリダイとの区別は簡単にできる
地方名・市場名
アンマサノヤキモノ、カヤカリ、カレカレ、クロメ、コウコダイ、コショウダイ、コツダイノミコ、コロダイ、タノキヅラ、トモシゲ、トモモリ、ナベワリ、

概要 ▽

生息域

海水魚。
伊豆諸島、小笠原諸島、福島県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海、有明海。山形県〜熊本県天草の日本海・東シナ海沿岸には少ない。

生態

基本情報

イサキ科のなかでももっとも漁獲量の少ない。
非常に味のいい魚ではあるが、少なさ故にあまり知られていない。

水産基本情報

市場での評価 希に入荷してくる。やや高価。
漁法 定置網
産地 千葉県、神奈川県、鹿児島県などなど

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

退色していない黒いもの。触って張りのあるもの。目が澄んでいるもの。鰓が鮮紅色のもの。

味わい

旬は秋から初夏で非常に長いと思う 産卵後のみ味が落ちるのかも知れない。
鱗は硬く強い、取りにくい。皮は厚く強い。骨はあまり硬くない。
透明感のある白身で血合いは赤くない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身(セビチェ、マリネなども)、煮つけ、汁(みそ汁、潮汁)、塩焼き、ソテー
ヒゲダイの刺身刺身
くせのない白身で脂に甘み、うま味がある。活魚の場合、非常に弾力がある。
ヒゲダイの煮つけ煮つけ
熱を通しても硬くならず、しっとりとしたきめ細やかな身質で、実に味がいい。身離れもいい。
ヒゲダイの汁
くせのない味わい深いだしがとれる。みそ汁や潮汁にして絶品。
ヒゲダイの塩焼き塩焼き
さすがイサキ科だけに塩焼きは独特の風味があり、とても美味しい。身が適度に繊維質で身離れがいい。
ヒゲダイのソテーソテー
皮めを香ばしくソテーするポワレにして美味しい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ