ヒゲソリダイ

ヒゲソリダイの生物写真

体長40cm前後になる。体高があり、背の部分から尻鰭に斜めに幅の広い日本の帯がある。この帯は大きくなると薄くなる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区刺鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目イサキ科ヒゲダイ属
外国名
Skewband grunt
学名
Hapalogenys nigripinnis (Schlegel in Temminck and Schlegel,1843)
漢字・由来
漢字 鬚剃鯛
由来・語源 下あごに生えたヒゲダイに比べるとヒゲが薄く、密集してヒゲをそったようだから。
地方名・市場名
カヤカリ/山形県酒田市、鶴岡市由良漁港、新潟県上越市。漢字で「茅刈」。秋の茅を刈る頃にたくさんとれて美味しくなる。
カヤダイ/大分県中津市で。
タモリ/徳島県徳島市漁業協同組合
カキダイ、トモモリ

概要 ▽

生息域

海水魚。水深25-81mの砂泥地。
青森県〜熊本県天草の日本海・東シナ海沿岸、神奈川県〜九州南岸の太平洋沿岸、瀬戸内海。青森県太平洋沿岸、岩手県でも。朝鮮半島西岸・南岸、台湾、遼寧省から広東省の中国沿岸。

生態

基本情報

暖かい海域に多く、もともとは西日本だけでとれる魚だったが、近年北上しているように思える。
また関東で見かける機会も多くなってきている。
非常に味のいい魚で、しかも鯛形をしているので徐々に値が上がってきている。
量的には少ないもので、関東などではまだ馴染みがない。

水産基本情報

市場での評価 まとまって入荷しない。珍しいものではないが、知名度は低い。歩留まりがよく、見た目も悪くないのでやや高値で取引されている。
漁法 定置網、釣り
産地

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

目が澄んでいるもの。触って硬いもの。鰓が鮮紅色のもの。

味わい

旬は秋から夏 年間を通して味が落ちない気がする。
鱗は小さく取りやすい。皮は厚くしっかりしていて引きやすい。
白身で血合いが美しい。熱を通してもあまり硬く締まらない。
骨などからいい出しが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

焼く(塩焼き)、生食(刺身、カルパッチョ、セビチェ)、煮る(煮つけ、塩煮)、汁(みそ汁)、ソテー(ポワレ、ムニエル)
ヒゲソリダイの塩焼きヒゲソリダイの塩焼き 大きいものの方が焼いて味わい深い。皮に独特の香り、うま味がある。身は程度に繊維質で身離れがいい。イサキの塩焼きに勝るとも劣らずのおいしさ。徐々に関東でも見かける機会が増えている、塩焼きの定番としてもいいかも。
ヒゲソリダイの刺身ヒゲソリダイの刺身 水洗いして三枚に下ろして皮を引く。皮霜造りにするには皮が強すぎるし、焼霜造りにすると皮の香りが立ちすぎる。素直に刺身にするべきかも。小さい個体なら焼霜はオススメ。血合いが赤く美しい。身にイサキのようなうま味があり、よりたんぱくで上品な味わい。
ヒゲソリダイの煮つけヒゲソリダイの煮つけ 大振りのものは切り身で、小さい物は丸のまま煮つけにする。水洗いして湯通しして、冷水に落として鱗やぬめりを取る。水切りをして酒、砂糖、しょうゆの味つけで煮る。酒、塩のみでも、酒、みりん、しょうゆの味つけでもうまい。最後の骨湯も美味。
ヒゲソリダイの塩煮ヒゲソリダイの塩煮 水洗いして頭部を落とす。強めの塩をして半日ほど寝かせる。これを水洗いして塩水でゆっくりと煮る。味つけは塩だけなのに魚臭さがなくて、上品な味である。柑橘類をしぼり食べるとまたよしである。
ヒゲソリダイのあらのみそ汁ヒゲソリダイのあらのみそ汁 あらを集めて、湯通しして冷水に落として鱗やぬめりを取る。水分を切り、水から煮出してみそをとく。うま味豊かで、付着した身が非常に味わい深い。滋味豊かな味である。
ヒゲソリダイのポワレヒゲソリダイのポワレ ヒゲソリダイは三枚に下ろして血合い骨を抜く。塩コショウしてたっぷりの油で皮目からソテーする。皮目8、身2の割りでソテーするといい。皮はかりっと香ばしくまた甘味がある。身はふっくらとして柔らかくておいしい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ