ハゲブダイ

ハゲブダイの生物写真

体長30センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ブダイ科ハゲブダイ属
外国名
Green-fin parrot fish
学名
Chlorurus sordidus (Forsskål)
漢字・由来
漢字 禿部鯛、禿舞鯛
地方名・市場名
沖縄本島でアカルーイラブチー、アカグチャーイラブチ、宮古でアウミブタ、ブータ、ハイガサイラウツ、八重山でアカグチャ。
その他として、希少性や実在した人物との関係から命名される場合もある。波照間島で は、ハゲブダイのメスは、カネン・パー・フツィ(金嶺・おばあさん・口)とよばれ、金嶺家のおばあさんが好んでよく食べたことから名づけられたという。(高橋そよ)
波照間島、鳩間島、佐良浜で雌を「アカイラブチャー、アカバイラウツ、イラブチ、イラブツ」、雄をアオミバタ、イラブチ、イラブツ。

概要 ▽

生息域

海水魚。駿河湾以南。インド・太平洋域。
サンゴ礁、岩礁域。

生態

基本情報

沖縄で食べられるブダイ類では比較的よく見かけるもの。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

「沖縄で漁獲される主要魚の名称一覧表(和名-方言)」、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『沖縄県、八重山地方における生態と世界観に関する文化人類学的研究』(山田貴子 京都大学図書館)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ