ナガユメタチモドキ

ナガユメタチモドキの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長2m前後になる。尾鰭があり、体が非常に長い。体長2m前後になる。尾鰭があり、体が非常に長い。体長2m前後になる。尾鰭があり、体が非常に長い。

ナガユメタチモドキの形態写真

体長2m前後になる。尾鰭があり、体が非常に長い。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目タチウオ科ナガユメタチモドキ属
外国名
Razorback scabbardfish
学名
Assurger anzac (Alexander,1916)
漢字・由来
漢字 長夢太刀擬
由来・語源 ユメタチモドキに似てより長いという意味合い。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。低層遊泳性。水深150〜400メートル。
青森県津軽海峡沿岸、岩手県岩泉、相模湾、静岡県石廊崎、熊野灘、紀伊水道、土佐湾、山口県日本海沿岸、石垣島。
韓国巨文島、太平洋、東インド洋、大西洋。

生態

基本情報

関東ではほとんど見ることができない。
珍しい魚のひとつ。
一般家庭などで食べることなどはないと思われる。

水産基本情報

市場での評価 未だ流通上見ていない。
漁法 釣り
産地 静岡県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。

味わい

旬は不明。
鱗はなく銀箔に覆われている。銀箔はタチウオよりも取れにくい。骨は硬く、特に中骨は大きい。
身は厚みがなく、三枚に下ろしにくい。透明感があるもののやや水分が多い。
料理の方向性
水分が多く、脆弱で中骨に対して身が薄い。また身割れしやすい。クセのない味で骨やあらから強いうま味が出る。刺身などにはあまり向かず、油や水を使った料理法に向く。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

揚げる(フライ、唐揚げ)、ソテー(ムニエル)、焼く(塩焼き、みそ漬け)、煮る(煮つけ)、汁(潮汁、みそ汁)
ナガユメタチモドキのフライフライ 中骨が大きく身が薄く、少し水分が多く、身割れしやすい。この水っぽくてクセのない味がフライや揚げ物に向いているところでもある。フライにして身はしっとりとして甘味がある。クセがないのでご飯にもパンにもよく合う。
ナガユメタチモドキのムニエルムニエル 身割れしやすいので三枚下ろしは慎重に。切り身にして塩コショウし、小麦粉をまぶしてオリーブオイルでソテー、仕上げにバターを加えて、切り身を取り出す。ベルエシャロットを加えて少しソテーそて、白ワインでデグラッセする。身が軟らかくふっくら仕上がって豊潤な味わいに。
ナガユメタチモドキのみそ漬けみそ漬け 適宜な長さに切り、みそ、みりん、酒、砂糖を合わせた地につけ込む。これをじっくりと焼き上げたもの。水分が多くイヤミのない味わいをみそで締める。ほんのりとした身の甘味にみそのうま味が相まってなかなかイケル味に仕上がる。
ナガユメタチモドキの塩焼き塩焼き タチウオと比べるとやや水っぽいところがあり、より身割れしやすい。定番的な料理法の塩焼きにしてみるとそれなりにおいしいが、少しもの足りない。これをオリーブオイルとシャリービネガーをかけて補ってみた。
ナガユメタチモドキの煮つけ塩焼き 適当な長さに切り、そのまましょうゆ、酒、砂糖、水の地でアクを取りながら煮る。少し縮み、身割れしてしまうが味はとてもいい。
ナガユメタチモドキの潮汁潮汁 腹の身や背鰭周辺、刺身の残りのあらなどを昆布だしで煮だし、酒、塩で味つけしたもの。まったくクセがなく、うま味豊かな汁の味が楽しめる。みそ汁にしてもうまい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/宮里長善さん(大喜丸 沖縄県石垣市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ