トウジン

トウジンの生物写真

体長70センチ前後になる。頭部の下の面は鱗で被われている。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱新鰭区真骨亜区正真骨下区側鰭上目タラ目ソコダラ科トウジン属
外国名
Hardhead grenadier
学名
Caelorinchus japonicus (Temminnck and Schlegel)
漢字・由来
漢字 唐人(トオジンとも)
由来・語源 茨城県湊町(現ひたちなか市那珂湊)での呼び名。「唐人=西洋人」に見えるからだと思われる。
地方名・市場名
チョッピ(チョッピー)/相模湾周辺
ゲッホ/神奈川県三崎
ゲホウ/静岡県沼津。沼津のゲホウは「外法」ではないかと思っている。すなわち仏教以外の邪教、例えば異端のものという意味。不気味な顔つきからの発想ではないか?
ネズミ/三重県尾鷲市
ネコ/三重県尾鷲市
■ツツサビ(小名浜)、テンビ(愛知県三谷町)、テンピ(愛知県三谷町)、トウジンモウソウ(静岡県川崎町。川崎は1955年まで静岡県榛原郡、現牧之原市)、ネズミ(高知県須崎市)、モウソウ(静岡県川崎町。川崎は1955年まで静岡県榛原郡、現牧之原市)。『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)
■別名、ヒゲ。ヒゲは神奈川県三崎での呼び名。田中茂穂は『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)で「曾て神奈川県三崎臨海実験所青木熊吉氏はトウジンという名称が可笑しいというのでヒゲと改称し、吾々もこれを襲用している」と書いている。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深300メートルから1000メートルに棲息。
岩手県〜土佐湾の太平洋沿岸、少ないが富山湾から長崎の日本海沿岸。北太平洋の暖海域。

生態

基本情報

千葉県以南の太平洋側で、底ものの副産物として水揚げされる。
量が少なく、一般的な水産物ではないが、産地などでは珍重し、漁師さんの家庭などでは煮つけ、みそ汁などになり日常的に食べられている。
特に底曳き網のある地域では、徐々に独特の外観のせいもあって人気が出始めている。

水産基本情報

市場での評価 産地周辺での流通が主。希に流通するが安い。
漁法 底曳き網、釣り
産地 静岡県、愛知県、三重県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りのあるもの。色の濃い(黒い)もの。目が澄んでいるもの。

味わい

旬は寒い時期
頭部が大きく、三枚に下ろすと非常に歩留まりが悪い。
鱗がざらざらと硬く、取りにくい。
白身であまりクセがない。
繊維が少なく熱を通すと崩れやすい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

料理法
刺身(肝つき)、なめろう(みそたたき)、煮つけ、みそ汁、フライ、潮汁、唐揚げ
トウジンの刺身刺身
鮮度がよければ刺身にして美味。身自体は平凡だが、肝と一緒に食べると最上級の味わいとなる。
トウジンの煮つけ煮つけ
肝、胃などと合わせて煮つける。身はふっくらして柔らかく、まったく着せも臭みもない。肝と内臓の味わいは絶品。
みそ汁 頭部、内臓などから素晴らしいだしが出る。塩味もいいがみそ汁の方が上。
トウジンのフライフライ
メルルーサに似たクセのない豊潤なフライになる。衣の香ばしさに、トウジンの身質が生きてくる。

好んで食べる地域・名物料理

静岡県沼津市ではすしネタとして利用されている。

加工品・名産品

開き干し 静岡県沼津市、神奈川県小田原市などで作られている。特殊なもので地域限定のものだが、白身ながら脂分があるので人気が高い。

釣り情報

相模湾でのアコウ釣りの代表的な外道。枝バリにサバやイカの短冊をエサに釣り上がる。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ