キュウシュウヒゲ

キュウシュウヒゲの生物写真

体長25センチ前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱新鰭区真骨亜区正真骨下区側鰭上目タラ目ソコダラ科トウジン属
外国名
Rat tail
学名
Caelorinchus jordani Smith and Pope,1906
漢字・由来
漢字 九州髭
由来・語源 九州沖でたくさんとれて「ひげ=ソコダラの仲間」であるから。
地方名・市場名
鹿児島県垂水市でシベンツボ(溲瓶壺)。

概要 ▽

生息域

海水魚。水深143〜745メートル。
房総半島〜九州の太平洋沿岸、五島列島、尖閣諸島、台湾北東部。東シナ海北東部大陸棚縁辺・斜面。

生態

基本情報

主に鹿児島県錦江湾で漁をしている。
食用としているのも当地だけだと思われる。

水産基本情報

市場での評価 漁師さんが自家消費しているのみだと思われる。
漁法 底曳き網
産地 鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って張りがあり、銀色の体側の美しいもの。

味わい

旬は寒い時期。
鱗は薄く手で簡単にとれる。皮は柔らかい。
骨はやや硬い。
骨などからいいだしが出る。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、みそ汁、唐揚げ
刺身◆鹿児島県垂水市の漁師さんは取れたてを手でさばき、水洗いしてそのまま生で食べる。腹の骨などは軟らかく、口に入ってもあまり気にならない。うま味があり美味。
みそ汁◆頭部に鱗が残りやすいので落として、鱗を洗い流して、水から煮てみそをとく。うま味たっぷりなのに後味がいい。
唐揚げ◆頭部を除くと骨が軟らかいので唐揚げに向いている。じっくり揚げて中骨ごと食べる。香ばしく、真の部分からしっかりと魚のうま味が感じられる。うまい。
キュウシュウヒゲの刺身刺身は垂水市の漁師さんのおやつ。
キュウシュウヒゲのみそ汁肝を入れたみそ汁。
キュウシュウヒゲの唐揚げ唐揚げ。

好んで食べる地域・名物料理

鹿児島県垂水市。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ