デメモロコ

代表的な呼び名モロコ

デメモロコの生物写真

体長7㎝前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科スゴモロコ属
外国名
Dememoroko
学名
Squalidus japonicus japonicus (Sauvage, 1883)
漢字・由来
漢字 出目諸子
由来・語源 琵琶湖での呼び名。モロコに似て目が大きいから。
地方名・市場名
イシモロコ、ジャモロコ、シロモロコ、スゴ、スゴジ、スゴモロコ、スジモロコ、タハエ、タモロコ、ハヤ、ヒラスゴ、ヒラスゴジ、ホンジャコ、ボンジャコ、モツゴ、モロコ、モロゴ、モロモ、ヤナギモロコ。
ヒラスゴ、オタフクスゴ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。平野の湖沼、水路、河川のわんど。
濃尾平野、琵琶湖。

生態

基本情報

愛知県などで売られている「もろこ煮」や琵琶湖の小魚類の佃煮などに混ざる。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ