スゴモロコ

スゴモロコの生物写真

体長12センチ前後。非常にほっそりしていて、体側に暗色の縦筋が走る。ヒゲは長い。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科カマツカ亜科スゴモロコ属
外国名
Slenderhead shiner
学名
Squalidus chankaensis biwae(Jordan and Snyder)
漢字・由来
漢字 不明
由来・語源 「すご」とは卑しい、すなわち雑魚を表す。
モロコ語源
「もろ」=漢字の「諸」であり多いこと。「こ」は「子」であり子だくさんと表す。
「もろ」は多いことで、「こ」は魚を表す語尾。
地方名・市場名
ゴンボウスゴシ、ゴンボウスゴジ、ジャミ、スゴ、スゴジ、タカチロー、マルスゴ、ムギツキ、ヤナギバエ。

概要 ▽

生息域

淡水魚。琵琶湖固有亜種。関東に移植されている。
琵琶湖の水深10メートル付近の砂泥地。

生態

産卵期は5月〜6月。
雑食性。

基本情報

琵琶湖周辺では加工品、食用となっている。
佃煮や素焼きになるものの、湖産魚としては安い。

水産基本情報

市場での評価 琵琶湖周辺でのみ取引される。安い。
漁法 えり(定置網)、刺し網
産地 滋賀県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は春。
鮮魚は骨が硬く、身が少ない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 素焼き、佃煮
素焼きは鮮度の良いものを、香ばしく焼く。
ショウガ醤油で食べる。
甘辛く煮つけても美味。
焼き串

好んで食べる地域・名物料理

滋賀県琵琶湖沿岸

加工品・名産品

焼き串●滋賀県琵琶湖周辺。素焼きにしたもの。酢みそで食べる。
佃煮●滋賀県琵琶湖周辺。甘辛く水分少なく煮上げたもの。

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

加工品購入/魚三 滋賀県長浜市元浜町12-7、魚昌 滋賀県草津市
『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ