ツバサナカムラギンメ

ツバサナカムラギンメの生物写真

体長17cm前後になる。総ての鰭に棘がなく、鰭の基部に小棘が並んでいる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区正真骨下区棘鰭上目キンメダイ系キンメダイ目ナカムラギンメ科ナカムラギンメ属
外国名
学名
Diretmoides veriginae Kotlyar, 1987
漢字・由来
漢字 翼中村銀目
由来・語源 ナカムラギンメ属で胸鰭が翼のように長いという意味。「中村」は不明。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水生。水深340〜1300m。
駿河湾沼津沖、東シナ海、南シナ海、ティモール海、アンダマン海。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/青木修一さん(静岡県沼津市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ