タキベラ

タキベラの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長80cm前後になる。頭部と体側前半にゴマ状の黄色い斑紋が散らばる。背びれ前半は黒く、後半は赤い。尾鰭は湾入し後部上部と下部は長くのびる。尾鰭は湾入する。大型は中上背の部分にある黄色い帯とその後ろにある黒い斑紋がはっきりしない。体長80cm前後になる。頭部と体側前半にゴマ状の黄色い斑紋が散らばる。背びれ前半は黒く、後半は赤い。尾鰭は湾入し後部上部と下部は長くのびる。尾鰭は湾入する。小型は中上背の部分にある黄色い帯がはっきりと見え黒い斑紋がある。

タキベラの形態写真

体長80cm前後になる。頭部と体側前半にゴマ状の黄色い斑紋が散らばる。背びれ前半は黒く、後半は赤い。尾鰭は湾入し後部上部と下部は長くのびる。尾鰭は湾入する。大型は中上背の部分にある黄色い帯とその後ろにある黒い斑紋がはっきりしない。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系ベラ亜目ベラ科タキベラ属
外国名
Golden-spot hogfish
学名
Bodianus perditio (Quoy and Gaimard, 1834)
漢字・由来
漢字 瀧倍良
由来・語源 田中茂穂の命名。

「軆の上半に白色の一黄帯があって、稍や瀧水の落ちているやのように見える為め」。ただし大型はこの明るい横縞がはっきりしないものもある。田中茂穂は幼魚を見て命名した模様。
地方名・市場名
アカレー/沖縄本島、八重山
アマンフアヤー/沖縄宮古

概要 ▽

生息域

海水魚。岩礁域、サンゴ礁域。
伊豆諸島、小笠原諸島、硫黄島、静岡県土肥、和歌山県南部、高知県、屋久島、琉球列島、南大東島。
台湾、東沙諸島、南アフリカナタール〜南半球モーリシャス、オーストラリア東岸〜バヌアツ諸島。

生態

基本情報

小笠原、沖縄などでは一般的な食用魚。
大型になりクセがないのでやや高値ではないかと思われる。
本州以北ではほとんどなじみがない。

水産基本情報

市場での評価 熱帯の食用魚。やや高値。
漁法 刺し網、釣り、銛
産地 小笠原、沖縄l県、鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

目が澄んでいて赤みのあるもの。触って張りのあるもので鰓の赤いもの。

味わい

旬は夏。
鱗は柔らかく大きく取りやすい。皮は厚い。骨は硬い。
白身でやや水分が多い。
くせはなく、熱を通しても締まりすぎない。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮る(まーす煮、煮つけ)、汁(潮汁、みそ汁、鍋)、生食(カルパッチョ、セビチェ、焼霜造り)、揚げる(唐揚げ)、ソテー(ポワレ)、焼く(塩焼き)
タキベラの煮つけ煮つけ 三枚に下ろして腹骨のある部分を使う。切り身は湯引きして、冷水に落とし、鱗やネバリなどを取る。これを酒、砂糖、しょうゆ、水で煮上げていく。よくあく取りをして煮汁を濁らせないように作るのが重要。皮と身はふっくらと煮上がり、身に甘みがある。
タキベラのまーす煮まーす煮 沖縄の郷土料理。水洗いし、水分をよくきっておく。中央部分が丸くくぼんだ中華鍋やフライパンなどに少量の水、塩、水洗いした本種を置き、火をつける。強火で短時間に塩水をかけ回しながら火を通す。このとき豆腐を入れると、これが主役級になるから不思議だ。上質の白身のおいしさを堪能できる。
タキベラのポワレポワレ 三枚に下ろして皮付きのまま塩コショウする。鍋につぶしたにんにく、多めのオリーブオイルを入れて香り出しをする。にんにくを取り出して、皮を下にして切り身入れて火を通す。このときフライ返しなどで押さえてふくらまないようにするといい。8分通り火が通ったら返して、一度取り出す。バルサミコと白ワインでデグラッセしてソースにする。
焼霜造り 意外に刺身にするとおいしいが、見た目が単調に思える。赤い皮目をあぶって冷水に取りあら熱をとる。1時間ほど冷蔵庫で寝かせて切りつける。甘味のある上品な白身で、なかなかイケル味である。
タキベラの酒塩焼き酒塩焼き 切り身にして塩を振る。1時間以上置く。これをじっくりと焼き上げていく。9割方火が通ったら酒を塗りながら仕上げる。上質ではあるがやや単調な味に、酒の香りが適度な変化をつけてくれる。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ