サルボウガイ

サルボウガイの生物写真

殻幅5センチ前後。膨らみが強く、殻に放射状に走る隆起した筋が32本前後。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
軟体動物門二枚貝綱翼形亜綱フネガイ目フネガイ超科フネガイ科リュウキュウサルボウ亜科サルボウガイ属
外国名
Half-crenated ark, Bloody clam
学名
Scapharca kagoshimensis (Tokunaga,1906)
漢字・由来
漢字 猿頬貝。
由来・語源 『目八譜』より。
■ 「猿頬」とは猿が食べ物を口に含み頬を膨らませる様を言う。そのプックリ脹れた頬のような膨らみをもった貝という意味。
■ 肉の色合いが猿(サル)の頬のように赤い。
地方名・市場名
古くは築地などでむき身にして裂いて売られていたのでサキアカ(裂き赤)。
島根県、鳥取県の宍道湖、中海周辺、有明海ではアカガイ(赤貝)。
岡山県笠岡市でモガイ(藻貝)。
熊本県熊本市ではシシガイ(四四貝)。
福岡県柳川市中島でミロクガイ(弥勒貝)。
チメ、モガイ、コアカ(小赤)、バカガイ。
「エテボウ」、「チガイ(血貝)」、「チメガイ」、「チンメガイ」「サルガイ」、「ツメキリガイ」、「マスガイ」、「ムマノツメ」、「モゲエ」、「ヤエンボ」、「ヤマブシガイ」、「アマブシサン」。

概要 ▽

生息域

海水生。東京湾から有明海。沿海州南部から韓国、黄海、南シナ海。

生態

■ 汽水域などに多く、幼生期をアマモなどに付着して過ごす。
■ 成長するに従い砂泥地にもぐり込む。
■ 雌雄異体。
■ 産卵期は夏。

基本情報

内湾に多産する二枚貝で、古く縄文時代から食用として重要なものであった。
見た目は小型のアカガイといったらわかりやすい。
小さいためにアカガイよりも安く、庶民的。
高度成長期以来の内湾の乱開発で急激に減少してきている。
ただし、食の多様性もあって現在でも値段の高騰はみていない。
日本各地で郷土料理の材料として使われている。
東京千葉の佃煮、山陰中海周辺の酒蒸しや「赤貝飯」、岡山市「ばらずし」などがある。

水産基本情報

市場での評価 流通量は少ない。値段は安い。
漁法 掘る、桁網。
産地 岡山県、有明海周辺など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

持って重い物。触って貝殻を閉じるなど反応があるもの。

味わい

旬は春
貝殻は硬く厚みがある。
泥をかんでいることが多い。
小振りだが、生で食べられる。
煮ても硬くならない。
熱を通しても、生では甘みが強くほどよい食感。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身、殻蒸し、煮つけ(佃煮)、炊き込みご飯
サルボウガイの刺身刺身 小さくて面倒だが、刺身にして美味。アカガイに負けないくらいうまい。
サルボウの殻蒸し殻蒸し 島根県中海地方、出雲地方で作られているのが殻蒸し。酒、醤油、砂糖を合わせた少量の汁で蒸し煮にする。ときどき天地返しをして、汁をからめるようにする。
煮つけ(佃煮) 内房では人気が高い。
これは自家製も簡単なので、見かけたら作ってみてほしい。

サルボウの赤貝飯炊き込みご飯 酒蒸しにし、蒸し汁を濃し、貝の身を出して、米に合わせた炊き込む。醤油、砂糖などで味付けするのだがなかなかうまい。餅米を使う地域もあるが、これもよい。

好んで食べる地域・名物料理

赤貝ごはん(赤貝めし) 宍道湖、中海周辺で大量に水揚げされていたのがサルボウ。これを「殻むし」に、炊き込みご飯に、おこわなどにしていた。なかでも「赤貝めし」はよく作られ、米子駅構内などではそば店などでも食べることができる。
赤貝の殻むし 宍道湖、中海でたくさんとれた赤貝(サルボウ)は安くて、古くから一般家庭の食卓を賑わわせてきた。その代表的な料理。もっとも赤貝(サルボウ)の味わいを楽しめるもの。

加工品・名産品

赤貝の缶詰赤貝の缶詰

ゆでさるぼ 千葉県船橋などで作られている。和え物に、またた酢みそ、辛子醤油、わさびじょう油などで食べる。また煮ものなどにも利用する。
赤貝のむき身 有明海周辺。赤貝(サルボウ)を蒸して(ゆでて)貝殻をはずしてむき身にしたもの。


釣り情報

歴史・ことわざなど

■ 缶詰の「赤貝」の原料。
■ 山梨県などでは「小赤(コアカ)」として珍重する。
■ 島根県・鳥取県中海周辺では酒蒸し、炊き込みご飯など郷土料理には欠かせない。ただし現在は岡山などから買い求めている。
■ 岡山県の「ばらずし(祭ずし)」には欠かせない。

参考文献 ▽

『日本近海産貝類図鑑』(奥谷喬司編著 東海大学出版局)、『日本貝類方言集 民俗・分類・由来』(川名興編 未来社)、『すし技術教科書(江戸前ずし偏)』(旭屋出版)、『魚河岸の魚』(高久久 日刊食料新聞社 1975)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ