サガミハダカ

サガミハダカの生物写真

体長8センチ前後になる。細長く、側扁する。身体の下側にたくさんの発光器を持っている。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱真鰭区正骨下区ハダカイワシ上目ハダカイワシ科ハダカイワシ属
外国名
英語/Sagami headlightfish
学名
Diaphus chrysorhynchus Gilbert&Cramer
漢字・由来
漢字 相模裸鰯
由来・語源 相模湾でたくさんとれるハダカイワシの意味。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

相模湾以南の大陸棚周辺域。東南アジア海域、ハワイ。

生態

身体に無数の発光器を持っている。

基本情報

一般に食用ではない。

水産基本情報

水産上の評価がない。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

脂が強く、濃厚な味わい。
身体にワックス分を含んでいるのでたくさん食べない方がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方


サガミハダカの干もの干もの 干物にして美味。
独特の脂からくるうまさがあって、美味だ。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

丸干し 小振りだが、脂があって美味。『山市湯川商店(神奈川県小田原市)』

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ