クロガシラガレイ

代表的な呼び名クロガレイ

クロガシラガレイの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長50cm前後になる。クロガレイに似ているが、やや体高がある(幅がある)。全体に黒く背鰭・尻鰭に褐色の帯がある。尾鰭の後縁は白い。側線は胸鰭のすぐ後で山なりに曲がる。体長50cm前後になる。クロガレイに似ているが、やや体高がある(幅がある)。全体に黒く背鰭・尻鰭に褐色の帯がある。尾鰭の後縁は白い。側線は胸鰭のすぐ後で山なりに曲がる。側線は胸鰭のすぐ後で山なりに曲がる。

クロガシラガレイの形態写真

体長50cm前後になる。クロガレイに似ているが、やや体高がある(幅がある)。全体に黒く背鰭・尻鰭に褐色の帯がある。尾鰭の後縁は白い。側線は胸鰭のすぐ後で山なりに曲がる。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★★
一般的(流通量は多くも少なくもない)
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目カレイ亜目カレイ科マガレイ属
外国名
英名/Flounder,Dab,Cresthead
学名
Pseudopleuronectes schrenki (Schmidt, 1904)
漢字・由来
漢字 黒頭鰈。
由来・語源 鰭などが黒いため。
地方名・市場名
関東の市場ではクロガレイ(黒ガレイ)。
アカガシラ、アカガレイ、オキガレイ、クロモト、センホウカレイ、センホウガレイ、ハトガレイ、マコ。

概要 ▽

生息域

海水魚。本州北部以北。日本海大陸沿岸、樺太、オホーツク海南部。水深100メートルより浅い砂泥地。

生態

産卵期は日本海の増毛地方では2月下旬〜3月中旬。
太平洋沿岸とオホーツク沿岸では4月中旬〜5月中旬。
根室湾では4月下旬〜5月下旬。

基本情報

関東に北海道からクロガレイとときに混ざり、たくさん入荷してくる魚。一般的に「くろがれい」とされ、クロガレイと区別されない。標準和名、流通名のクロガレイは知られていない。マコガレイよりも安くて型が揃っているので、プロの間では人気が高い。
関東では知らず知らずに食べているといった存在。食堂などで、煮魚、塩焼きで本種であろうと思うものに出合うことがある。

水産基本情報

市場での評価 子持ちの時期、春にまとまって入荷してくる。なかにかなりの確立でクロガレイが混ざっている。値段はやや安値安定。大きいので人気がある。根室からの入荷が多い。
漁法 刺し網
主な産地 北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

触って硬いもの。卵粒がこぼれているようなものはだめ。体液が出ているものもさける。

味わい

関東には春から夏にかけてまとまって入荷してくる。旬は入荷の最盛期であるこの時季と重なる。
鱗は小さくて取りやすい。皮はしっかりして強い。骨は軟らかい。
透明感のある白身で鮮度落ちは早い。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

ソテー(ムニエル)、煮る(煮つけ)、焼く(塩焼き)、揚げる(唐揚げ)
クロガシラガレイのムニエルムニエル 身にそれほどうま味があるわけではなく、やや水っぽい。これをバターと香辛料でリカバリーしたもの。クセのない上質な白身がバターのうま味と出合うことで、一段上の味となっている。
クロガシラガレイの煮つけ煮つけ 関東への入荷も多く、「カレイの煮つけ」の定番的な魚だと思う。やや大味ながらイヤミがなく、煮ても硬く締まらず身離れもいい。総菜魚としては上質だと思う。
クロガシラガレイの塩焼き塩焼き 白子持ちの切り身に振り塩。半日ほどねかせてじっくり焼き上げたもの。皮目の風味がよく、身はしっとりと適度に繊維質で身離れがいい。
クロガシラガレイの唐揚げ唐揚げ 小振りのものを5枚に下ろして、骨と身に片栗粉をまぶして二度揚げしたもの。中骨の部分はまるで煎餅のように香ばしい。身は軟らかくしっとりとしている。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

船釣り、投げ釣りで狙う。
北海道の釣り人の間では鰭の斑文が薄いので「薄化粧」という。

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新北のさかなたち』(水島敏博、鳥澤雅他 北海道新聞社)、『日本産魚名大辞典』(日本魚類学会編 三省堂)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ