クサウオ

代表的な呼び名ミズドンコ

クサウオの生物写真

50センチ前後になる。吸盤があり、背鰭、尻鰭が非常に長く、全体が柔らかい。

魚貝の物知り度 ★★★★
知っていたら達人級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目クサウオ科クサウオ属
外国名
Tanaka's snailfish
学名
Liparis tanakae   (Gilbert & Burke, 1912) 
漢字・由来
漢字 草魚(漢字は当て字)。
由来・語源 石川県宇出津での呼び名。石川県加賀地方ではつまらないもの、いやなものを“くさい”という語を使う。これが転訛して「くさいうお」から「くさうお」になった。意味合いは「つまらない魚」。
地方名・市場名
福島県相馬市原釜では「ミズドンコ」。
クサベ、ババ、バゴ、ビクニン、キツネ、グズラボウ、グゾボ、カンテンウオ、ゲンギョ、ゲンゲ、クマガイ、チャーチル、チローチル、ゴデレ、アバチャン。

概要 ▽

生息域

海水魚。北海道から長崎、瀬戸内海、東シナ海。黄海、渤海湾。
水深50〜120メートル。

生態

基本情報

福島県から入荷してくるもので、非常に特異な存在。
相馬市原釜港では寒くなると、産卵回遊してきたものが刺し網などで大量に揚がる。
それを皮を剥いて出荷している。
皮付きのままでは売れなかったものともいえそう。
水っぽく、料理法に工夫を要するもので、2010年現在関東では特殊なもの。

水産基本情報

市場での評価 皮を剥いた状態で入荷してくる。非常に安い。
漁法 刺し網
産地 福島県
クサウオの水揚げ風景福島県相馬市原釜漁港での刺し網の水揚げ風景。水揚げした岸壁ですぐに頭を落として皮を剥いてしまう。(2007年12月7日)
クサウオの出荷前関東の市場では皮を剥いたものが見られる。産卵期で卵巣が膨らむと卵をつけたまま出荷。(2007年12月7日)

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

一般に皮をむいて入荷。剥いた身に透明感のあるもの。触って張りのあるもの。

味わい

旬は冬。
クセのない白身。
繊維質ではなく、熱を通すとボロボロと身が崩れる。
やや水っぽい。
卵巣の味がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法
刺身ポン酢、汁、唐揚げ、煮つけ、塩焼き、卵巣の醤油漬け(順位はなし)
どのような料理がいちばん向いているのか、身自体の旨みが少ないために、まだまだ不明。
鮮度のいいものは適当に切り、大根おろしと合わせて、ポン酢をかける。
福島県相馬市原釜港で聞いた食べ方なのだが、美味ではあるが、ポン酢の味に本体が負けている。
煮つけると、身がポロポロと崩れる。
身よりも卵巣の方がやや美味。
唐揚げにすると、美味。
塩焼きはあまりうまいとは思えない。
卵巣の醤油漬けはとてもうまい。
クサウオの刺身刺身ポン酢かけ
これが原釜のおっかさんたちおすすめの「おろしポン酢和え」。関東にくると少し鮮度が落ちているので軽く湯引きしてもいい。
クサウオの煮つけ煮つけ
煮つけは繊維質ではないのでボロっと煮くずれしやすい。卵がうまい。
クサウオの唐揚げ唐揚げ
クサウオの塩焼き塩焼き
クサウオの卵巣の醤油漬け卵巣の醤油漬け
卵のしょうゆ漬け。これもなかなか美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)、『新釈魚名考』(榮川省造 青銅企画出版)、『魚と貝の事典』(望月賢二 柏書房)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ