イサゴビクニン

イサゴビクニンの生物写真

体長65㎝前後、重さ5kgを超える。背鰭などに砂利を思わせるつぶつぶがあり、体表の黒い皮膜はとれやすい。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カジカ亜目クサウオ科クサウオ属
外国名
Okhotsk snailfish, Isagobikunin
学名
Liparis ochotensis Schmidt,1904
漢字・由来
漢字 砂美区忍、砂子美区忍、砂比丘尼、砂子比丘尼
由来・語源 体表に砂子(小さな砂粒)を思わせるつぶつぶがあるため。
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。水深761m以浅、主に50〜200mに多い。
日本海山口県、石川県、青森県、岩手以北の太平洋、全北海道沿岸。朝鮮半島東岸〜間宮海峡の日本海沿岸、アニワ湾からサハリン東岸を経てオホーツク海北部、千島列島、カムチャツカ半島西岸・南部東岸、ベーリング海西部。

生態

基本情報

食用としている地域があるかなどは不明。
築地に一度だけ入荷している。

水産基本情報

市場での評価 入荷は非常に希。食用としていない可能性大。安い。
漁法
産地 岩手県、北海道

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

表面が黒いもの。粘液が透明であるもの。触って弾力があるもの。

味わい

旬は不明。
鱗はなく、つぶつぶした突起がすぐはがれる。粘液質の皮は手でむける。
骨はやや硬め。
水分が多く火を通すと溶ける。コロイド状の乳白色の皮下の部分は取り去った方がいい。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 汁(すまし汁、中華スープなど)、煮つけ、肝炒り
汁◆身はとろけるが汁ものにすると捨てがたい味。鮮度がよければ生臭みはない。うま味に欠けるのでカツオ節だし、中華スープなどをプラスすると美味しい。
煮つけ◆ほとんどが水分なので、濃いめの煮汁で煮つける。食べる部分は少ないがまずくはない。
肝炒り◆肝と身、みそを炒りつけたもの。福島県相馬市でクサウオ料理として教えてもらったものだが、なかなか美味。
手で表皮を剥き、煮つけなどにするなら表皮の舌にある乳白色の部分も取り去る方がいい。
中華スープ。単体ではあまりうま味がないので顆粒状の中華スープをプラスする。
イサゴビクニンの煮つけ煮つけにすると半分以下になる。
肝と身とみそで炒りつけた肝炒り。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/磯多紀 築地場内
『北海道の全魚種図鑑』(尼岡邦夫、仲谷一宏、矢部衛 北海道新聞社)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ