カンムリダチ

カンムリダチの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長90cm前後になる。背鰭から吻にかけて丸みを帯びる。尾鰭はない。腹鰭は非常に小さいがある。歯は犬歯状で先がカギ(鈎)型に曲がらない。背鰭から吻にかけて丸みを帯びる。歯は犬歯状で先がカギ(鈎)型に曲がらない。

カンムリダチの形態写真

体長90cm前後になる。背鰭から吻にかけて丸みを帯びる。尾鰭はない。腹鰭は非常に小さいがある。歯は犬歯状で先がカギ(鈎)型に曲がらない。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目サバ亜目タチウオ科カンムリダチ属
外国名
Crested hairtail
学名
Tentoriceps cristatus (Klunzinger, 1884)
漢字・由来
漢字/冠太刀
由来・語源/平安期以来の正装時の冠をかぶったような頭部の形からか?
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。水深87〜102mの大陸棚域。
相模湾〜高知県以布利の太平洋沿岸、宮崎県延岡、宮崎県日南市目井津、鹿児島県笠沙、東シナ海南部。
台湾南部、インド-西太平洋。

生態

基本情報

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

協力/ねこや商店(宮崎県日南市)
『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ