カワムツ

カワムツの生物写真

全長15㎝を超える。胸鰭、腹鰭の前縁は黄色。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度
食用として認知されていない
味の評価度
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科ダニオ亜科カワムツ属
外国名
River chub
学名
Candidia temminckii (Temminck and Schlegel,1846)
漢字・由来
漢字 川鯥
由来・語源 琵琶湖での呼び名。海に生息するムツに対して川に生息するムツの意味(徳島県魚貝図鑑)。
地方名・市場名
■ 徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)ではヤマトバイ。
■ 岡山県新見市新見・哲西町、高梁市向長屋・黒鳥でドロムツ(泥ムツ)。
■ 佐賀県佐賀市兵庫町でシラハヤ。直塚さん(兵庫町生まれ)
■ 福岡県久留米市田主丸でヤマソバヤ。
アカジ、アカバイ、アカハエ、アカバエ、アカブト、アカマツバイ、アカマツバエ。アカマツバヤ、アカムツ、アカモツ、アカモト、アカンバエ、アマゴ、アメノウオ、イダバヤ、ギンモツ、クソバイ、クソムツ、クロハエ、ゲンタバイ、ケンレイ、コケムツ、シマバエ、シラハエ、シロバイ、シロムツ、セエモン、ゼエモン、タニバイ、タニバエノアカンジ、テリムツ、ドンドハス、ニユウコオバエ、ハイ、ハエ、ハヤ、ベニツケバヤ、ベンケイバヤ、ホンバエ、マバエ、マメツギ、ムギツク、ムソバエ、ムツ、メチョオ、メバエ、モツ、モツバエ、モト、ヤナギハエ、ヤナギバエ、ヤナギブトオ、ヤマンボウ、ヤワウツ。
●呼び名はヌマムツと共通。

概要 ▽

生息域

淡水魚。比較的穏やかな流れの河川と湖沼。
富山県、静岡県以西。琵琶湖産アユの移植にともな大井川以東、関東でも見られる。

生態

比較的流れの緩やかな場所で柳などの生える場所に多い。
縄張りを形成して日中に活動。
落下昆虫や底生動物などをエサとしている。
産卵期は6〜7月。

基本情報

河川にいる魚のなかでも、オイカワなどと比べて利用される可能性の低いもの。
いまだに好んで食べている地域は知らない。

水産基本情報

流通しない。

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則的に生きているもの。

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 天ぷら
天ぷら◆わたと鱗を取り、かりっと油で揚げてやや美味。
カワムツの天ぷら天ぷらにするとやや美味。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『日本の淡水魚』(川那部浩哉、水野信彦 編・監修 山と渓谷社)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ