ウルマカサゴ

代表的な呼び名オニカサゴ

ウルマカサゴの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)

ウルマカサゴの形態写真

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目カサゴ亜目フサカサゴ科オニカサゴ属
外国名
Hairy stingfish
学名
Scorpaenopsis papuensis (Cuvier,1829)
漢字・由来
漢字 うるま笠子、宇流麻笠子
由来・語源 「うるま」はおきなわで「珊瑚の島」のこと。珊瑚礁のある南海の島にいるカサゴの意味。国内で発見された個体の多くが沖縄県産であったためか?
地方名・市場名

概要 ▽

生息域

海水魚。伊豆半島、伊豆諸島、和歌山県、鹿児島県、琉球列島。インドネシアスマトラ西部からタヒチのインド・西太平洋域に広く分布。

生態

基本情報


ウルマカサゴのヒレ

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ