イトヒキヒメ

イトヒキヒメの生物写真

体長30センチになる。紡錘形で細長い。頭部はヒメと比べると突出し、第一背ビレの軟条が糸のように伸びる。愛知県蒲郡市からの荷に混ざる

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区真骨亜区正新骨下区円鱗上目ヒメ目アオメエソ亜目ヒメ科ヒメ属
外国名
学名
Aulopus formosanus Lee & Chao,1994
漢字・由来
漢字 糸引比女
由来・語源 ヒメの仲間で第一背ビレの軟条が糸のように伸びる。
地方名・市場名
愛知県で単にヒメ。

概要 ▽

生息域

海水魚。愛知県、和歌山県、高知県、沖縄県。台湾。
大陸棚縁辺域。

生態

基本情報

体長30センチ前後になる。紡錘形で鱗は薄くはがれやすい。ヒレなどは赤みを帯び、頭部は短く目が大きい。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽

『日本産魚類検索 全種の同定 第二版』(中坊徹次編 東海大学出版会)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ