イケカツオ

代表的な呼び名イケガツオ

イケカツオの生物写真

体長60センチ前後になる。側へんする。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★★
非常に美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系スズキ目スズキ亜目アジ科イケカツオ属
外国名
Doubledotted queenfish
学名
Scomberoides lysan (Forsskål,1775)
漢字・由来
漢字 生鰹
由来・語源 不明。
地方名・市場名
イケガツオ、オオクチイケカツオ。
ギンアジ、ハリウオ、ヤナギウオ。
ビービータャー、フサリガッチュ。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅場から沖合の表層〜水深100メートル。
鹿児島県笠沙、琉球列島。インド・太平洋域。本州、四国、九州でも見られるが小型が多く少ない。

生態

基本情報

温帯、熱帯域の海にいて、あまりまとまってとれない。
九州、沖縄などでは食用魚として流通している。
秋に脂が乗っているもので、安くて味のいい魚。
塩焼きや煮つけにしても美味であり、重宝な魚でもある。

水産基本情報

市場での評価 関東などでは非常に希。主に西日本、九州などに普通。比較的安い。
漁法 定置網、釣り
産地 鹿児島県など

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。
大型ほど味がいい。
鱗はほとんど気にならず、皮は薄い。
赤みがかった白身で、熱を通すと硬く締まる。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、塩焼き、煮つけ
赤みがかった白身でうま味が強い。
イケカツオの塩焼き塩焼きはカツオ類などと同じで硬く締まるが味はいい。
煮るとほくほくして美味しい。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ