アマミウシノシタ

アマミウシノシタの生物写真

体長50㎝前後になる。

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★★
美味
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系カレイ目ウシノシタ亜目ササウシノシタ科ミナミシマウシノシタ属
外国名
学名
Synaptura marginata Boulenger
漢字・由来
漢字 奄美牛舌
由来・語源 奄美など熱帯に多いウシノシタという意味合い。「ウシノシタ」は形が牛の長い舌に似ているため。
地方名・市場名
沖縄県でウスミシビチャー、ヒラトンマ、ヤド。

概要 ▽

生息域

海水魚。浅いサンゴ礁の砂地。
屋久島、奄美・琉球列島。南アフリカ。やど

生態

産卵期は夏。

基本情報

鹿児島県奄美大島、沖縄などでとれる熱帯性のウシノシタ。
大型になり、一般に食用とされている。

水産基本情報

市場での評価 入荷量はあまり多くない。やや高値。
漁法
産地 沖縄県、鹿児島県

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

味わい

旬は不明。
鱗は強く硬い。
皮は手で簡単に剥がすことができる。
白身で熱を通すと強く収縮する。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

調理法 刺身、ムニエル、天ぷら、唐揚げ
刺身◆淡泊な味。醤油、わさびもいいが酢みそもいい。
ムニエル◆熱を通すとやや硬くなるが、香ばしくうま味があっていいアジ。
天ぷら◆沖縄風に味つけした衣でさっくり揚げて美味。
唐揚げ◆無難な味だが骨まで柔らかくならない。
裏側には赤い斑紋がある。

好んで食べる地域・名物料理

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

参考文献 ▽



関連記事 ▽

戻る

ページトップへ