アブラハヤ

アブラハヤの形態写真一覧 (クリックで下に拡大表示)
体長10cm前後になる。体側にめだった斑紋はなく薄汚れた鬱金色。尻鰭の基底最前部は背鰭基底後端とほぼ同じ位置。退色にうっすらと暗色帯がある。[体長9cm、秋田県雄物川産]体長10cm前後になる。体側にめだった斑紋はなく薄汚れた鬱金色。尻鰭の基底最前部は背鰭基底後端とほぼ同じ位置。退色にうっすらと暗色帯がある。[体長4cm、東京都あきる野市]体長10cm前後になる。体側にめだった斑紋はなく薄汚れた鬱金色。尻鰭の基底最前部は背鰭基底後端とほぼ同じ位置。退色にうっすらと暗色帯がある。[尾柄部の太いタイプ。東京都檜原村]

アブラハヤの形態写真

体長10cm前後になる。体側にめだった斑紋はなく薄汚れた鬱金色。尻鰭の基底最前部は背鰭基底後端とほぼ同じ位置。退色にうっすらと暗色帯がある。[体長9cm、秋田県雄物川産]

魚貝の物知り度 ★★★★★
知っていたら学者級
食べ物としての重要度 ★★
地域的、嗜好品的なもの
味の評価度 ★★
まずくはない
分類
顎口上綱硬骨魚綱条鰭亜綱ニシン・骨鰾下区骨鰾上目骨鰾系コイ目コイ科ウグイ亜科ヒメハヤ属
外国名
Downstream fatminnow
学名
Phoxinus lagowskii steindachneri Sauvage,1883
漢字・由来
漢字 油鮠
由来・語源 表面がぬめぬめして油がついたような感触だから。長崎県東彼杵郡での呼び名の「アブラハエ」の「ハエ」を「ハヤ」に転訛して田中茂穂が命名したもの。ただし「アブラハエ」は本来はタカハヤに対しての地方名。
地方名・市場名
アッパヘ/福井県大野市川合[新井俊成]
アブラッペ/秋田県雄勝郡羽後町・雄物川町
アブラヘ/福井県永平寺町[中野静枝]
ズクゾ/福井県大野市川合[新井俊成]
ニガザコ/秋田県雄勝郡羽後町
ヤマトバイ/徳島県美馬郡貞光町(現つるぎ町)
■アナムロ、アブラナ、アブラバイ、アブラハエ、アブラバエ、アブラパエ、アブラムツ、アブラメ、アブラモロコ、アボジャコ、イシバヤ、クソバエ、クログチ、クロバエ、タイシヤキグシノウオ、タゴバエ(こえたご・肥桶のハエの意味)、タゴバヤ(こえたご・肥桶のハエの意味)、タナビラ、タニバエ、タンバエ、ドウバエ、ドロツク、ドロハエ、ドロバエ、ニガザコ、ニガハヤ、ニガンベ、ニヤツボ、ニヨーラク、ニヨラコ、ヌメ、ヌメジャコ、ヌメリ、ノメジャコ、ハイ、ハヤ、ボヤ、メコギ、ヤナギバエ、ヤナギバヨ、ヤマガワ、ヤマコエ、ヤマモト。

概要 ▽

生息域

淡水魚。河川の中流域、上流域の淵やよどみ。
本州のみ生息。青森県から福井県、青森県から岡山県。
朝鮮半島日本海側、中国東北部。

生態

河川の中流域、下流域にも生息する。
河川でも流れの緩いよどみにいる。
雑食性で藻、底生生物など。
産卵期は4月〜7月。

基本情報

淡水魚のなかでも利用される地域は少ないと思われる。

水産基本情報

選び方・食べ方・その他 ▽

選び方

原則として生きているものがいい。

味わい

旬は秋から春
鱗も皮もあまり気にならない。骨は軟らかい。
白身だが、内臓は非常に苦い。
この内蔵の苦さとあまり大きくならないので、山間部でもあまり食用にならないのかも。

栄養

寄生虫

食べ方・料理法・作り方

煮る(しょうゆ煮)、焼く(塩焼き)、揚げる(天ぷら)

アブラハヤの塩焼き塩焼き 大型を選んで焼くと身と皮は決してまずくはないが、内臓をしっかりとらないとビックリするほど苦い。「ニガハヤ」と呼ばれる所以がわかる。

好んで食べる地域・名物料理

ざっこ蒸し
ざっこ蒸し
 使う「ざっこ」は「だいとうあ(オイカワ)、「くき(ウグイ、エゾウグイも含むと思われる)、アブラハヤ(あぶらっぺ)、モツゴ、タモロコ、「ニゴイ(みごい)」、フナ(ギンブナ)、コイ。
 生きている「ざっこ」は流水で水洗いする。これを鍋に入れて塩を加える。少しかき混ぜて塩を行き渡らせる。
フタをして火にかけて10分ほど蒸し煮にする。これを「塩蒸し」という。
10分経ったら鍋に溜まった水分を捨てる。フタをして空だきして水分を出し、出て来た水分を捨てる。これを3回ほど繰り返す。
平たい場所にスダレなどを敷き、塩蒸しされた「ざっこ」を広げて扇風機で水分を飛ばす。
「ざっこ蒸し」はほどよい塩加減で思った以上に食べやすく、ほろ苦さが酒に合う。[秋田県横手市雄物川町]

ざっこの貝焼きざっこの貝焼き(ざっこのかやき) 「ざっこ」は流水で洗う。鍋に水を入れてみそしゃもじなどで入れる。このまま火をつける。このとんとみそを入れて火をつけることを「落としみそ」という。湧き上がってきたら味見。ここに生きている「ざっこ」を入れてふたをして煮る。仕上げに酒を入れる。豆腐やねぎを入れてもいい。「ざっこ」をみそで煮ただけなのにうま味のある汁になり、「ざっこ」もわたがほろ苦くておいしい。「ざっこ」は「だいとうあ(オイカワ)、「くき(ウグイ、エゾウグイも含むと思われる)、アブラハヤ(あぶらっぺ)、モツゴ、タモロコ、「ニゴイ(みごい)」、フナ(ギンブナ)、コイ。

加工品・名産品

釣り情報

歴史・ことわざなど

大師焼串の魚(高野山焼き串のある魚) 「子供が魚をとり、焼いているところに弘法大師が通りかかったとき、その串に刺して焼いた魚を買い取り、玉川に放したところ生き返って泳ぎ始めたという。それで背の部分に薄く黒い筋がヤケドのあととして残っているという」。[石川県中能登町など]、「餘り古くよりの傳説ではないようであるが、高野山の奥の院の前を流るゝ玉川に棲んでいる魚は『昔弘法大師が魚串にさゝれて時に焼かれんとしたものを助けて放ったもので、この川にすんでゐる限り、背中に魚串の跡が残っている』といひ、之が高野山の名物になっている。この魚串のあるという魚は即ちアブラハヤであって、生時水中を泳いでいるとき、背鰭が淡黄色の斑点に三重、それがT字魚串の跡のように見えるのである」。[紀州魚譜]

参考文献 ▽

協力/佐藤正彦さん(秋田県横手市雄物川町)
『図説有用魚類千種 正続』(田中茂穂・阿部宗明 森北出版 1955年、1957年)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)、『紀州魚譜』(宇井縫蔵 淀屋書店 1929)、『日本産魚類検索 全種の同定 第三版』(中坊徹次編 東海大学出版会 20130226)


関連記事 ▽

戻る

ページトップへ