新コンテンツはこちら
このページは旧ページです。新ページをご利用下さい。
市場魚貝類図鑑では現在新ページへの移行を行っております。
既に一部のページを除き、新ページの方が内容が充実しております。新ページも合わせてご利用下さい。
新ページ「ツガルウニ」はこちら >>

棘皮動物門ウニ綱正形亜綱ホンウニモドキ目目ホンウニモドキ科

ツガルウニ(tugaruuni)

魚貝の物知り度

★★★★★ 知っていたら学者級

学名 Glyptocidaris crenularis A. Agassiz
外国名 英名/Sea urtin
同科同属 ●他のウニへはここから!
漢字・由来 漢字/津軽海栗
由来・語源/津軽海峡に多いウニの意味か?
地方名・市場名

形態 直径8センチ前後。全体に高さはなく、棘が長い。
生息域 海水生。北海道近海と東北太平洋側。
生態
一般的評価 ほとんど食用としては知られていない。
水産基本情報 水産物としての重要度/★ あまり食用としては利用されていない
市場での評価/少ないながら関東にも入荷してくる。ウニとしては非常に安い。
漁法/ホタテガイなどに混ざるのではないかと思う。
主な産地/北海道道東
雑学
選び方 活けでのみ見ている。できるだけ大きいもの。体液などの漏れていないもの。
味わい・栄養 生殖巣は黄土色。
時間が経つと褐色に黒ずむ。
ウニらしい味ではあるが旨みも甘みも少ない。
調理法
食べ方 生でしか食べていない。
ウニとしての旨みが少なく物足りない。



すしネタとしては寿司図鑑へ!
好んで食べる地域
加工品・名産品
釣り
参考文献



関連コンテンツ